この「粉」をお風呂に入れて痩せる?


  • LINEで送る

From:井出 夕子

 

こんにちは、井出です。

 

ボディメイクを意識するようになってから私の生活には「粉」が増えました。

 

というと「何のこと?」と思われたかもしれませんね。

 

たとえば、朝夜&運動後に飲むプロテインや朝のバターコーヒーに欠かせないMCTパウダーなどのサプリメント類、

 

そして、小麦粉代わりに使用するおからパウダーやオートミールを粉砕して作ったオートミール粉、

 

片栗粉やコーンスターチの代わりに料理のとろみ付けに使用するサイリウムハスク(オオバコ)、

 

甘味料として砂糖の代わりに使う羅漢果顆粒やエリスリトールなどなどです。

 

すぐに使えるように、袋から出して別の容器に入れ替えているのですが、

 

まさにキッチンが「粉」だらけで自分でも笑ってしまいます。

 

そして「粉」がある場所はキッチンだけではありません。

 

実は浴室にもある「粉」を常備しています。

 

最初はボディメイク目的ではなく美容と健康に良い、とのことで使用していたのですが…

 

実はダイエット効果も期待できるいうことが分かったので、紹介させていただきたいと思います。

 

その「粉」とは…

 

エプソムソルト」です。

 

名前に「ソルト」と付きますが、塩ではなく硫酸マグネシウムという天然ミネラル成分です。

 

欧米では特に入浴剤として親しまれている物質であり、日本でも人気があるのであなたもご存知かもしれませんね。

 

白い色をした結晶の粉末で塩のような見た目をしており、イギリスのエプソムという場所で発見されたために「エプソムソルト」と呼ばれるようになりました。

 

マグネシウムは身体の細胞や骨に広く存在し、カルシウムやリンと共に骨を作るミネラルです。※1

 

カルシウムの働きと深く関わりながら

 

・骨や歯を発育・形成

・たんぱく質の合成

・筋収縮を制御

・血管を拡張させて血圧を下げる

・血小板の凝集を抑えて血栓を作りにくくする

・体内のミネラルバランスの調整

・体内の酵素を活性化

 

といった身体の代謝に重要な役割を果たしています。

 

マグネシウムを摂取すると体内の働きが活性化され、 代謝が良くなり脂肪燃焼しやすくなると言われています。

 

さらにマグネシウムには温熱効果があり、エプソムソルトのお風呂に入って身体を温めることによって、冷えやむくみを改善し血行を良くして老廃物が流れやすくなることも期待できるそうです。

 

また逆に、マグネシウムが不足するとメタボになりやすいとも言われています。

 

マグネシウム濃度は夜間になると更に低下するため、不足するとレム睡眠のサイクルへの悪影響や浅い眠りを引き起こします。

 

良質な睡眠が阻害されると満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまうため、食欲が暴走するという可能性もあるのです。

 

代謝を高めるため、そして食欲を安定させるためにもマグネシウムは重要というわけですね。

 

ここまで読んでいただいて、あなたは「どうして入浴剤として使うの?直接飲んで摂取すればいいのでは?」と思ったかもしれませんね。

 

実はマグネシウムは腸で吸収されにくく、人によっては下痢をしてしまうこともあるそうです。

 

実際に「塩類下剤」と呼ばれる薬剤には、マグネシウムが使われているほどです。

 

ですので、経口摂取(口から摂取すること)よりも経皮摂取(皮膚から摂取すること)の方が安全だと言われています。

 

ただし、この「経皮摂取」について、専門家の間でも賛否両論がありました。

 

私は最初、エプソムソルト入浴を肌のために使用し始めました。

 

マグネシウムの経皮吸収が乾燥肌に効果的と聞いたからです。

 

その際、普通に入浴する場合と比べて明らかに発汗量が違って驚いたことを覚えています。

 

そして「他にどんな効果があるのだろう?もっと詳しく知りたい」と調べてみたのですが、経皮吸収によるエビデンスが思ったほど存在せず、中には「単なるプラセボ効果(気のせい)」と言い切る専門家さえいました。

 

しかし、英国バーミンガム大学によるマグネシウムの経皮吸収に関する論文では「効果あり」と結論付けられています。※2

 

検証内容は

 

・被験者は24〜64歳の19人

・浴槽内の硫酸マグネシウム濃度は600g/60Lを基本とする

・お湯の温度は28〜31℃

・入浴時間は12分間

・実験期間は7日間

・初日、2日目及び最終日の7日目の入浴2時間後に採血を行う

・最終日の7日目の入浴後24時間以内に採尿を行う

 

といった条件で入浴による血中マグネシウム濃度のテストを行いました。

 

この実験後、

 

・血中マグネシウム濃度は1回の入浴ではあまり変化がなく、7日間連続の入浴で上昇

・血中濃度が上昇しなかった人は、尿中マグネシウム濃度が大きく上昇

・上記はマグネシウムイオンが皮膚バリアを越えて腎臓から排泄されたことを示し、検証前から既に血中濃度が最適だったと考えられる

・腎臓への副作用などは見られない

・男女間で実験前の血中値に差が見られたが、実験後の差は認められなかった

・60歳以上の被験者2名が「リウマチの痛みが消えた」とコメント

 

といった結果となりました。

 

結論として、

 

・エプソムソルト入浴により体内の硫酸塩とマグネシウムの濃度を安全に高められる

・肌への直接塗布でも硫酸塩とマグネシウムが吸収できる

・しかし、単発の入浴では効果がなく、週2~3回入る必要がある

・1回の入浴時のお湯に対し0.7%〜1%弱のエプソムソルトを使用して入浴することで最大の効果が得られると考えられる

 

と述べられています。

 

この検証結果からエプソムソルト入浴による効果は「あり」と考えて良いのではないでしょうか。

 

あくまで私の個人的な体感になるのですが、エプソムソルト入りのお風呂に入るといつもよりも汗が出ます。

 

これだけだったら「お湯の温度が高ければ汗をかくのは当然では?」と思うかもしれないのですが、もう一つ感じる変化としては、お風呂から上がった後も身体の温かさがずっと続くということです。

 

私は冷え性で湯冷めもしやすいのですが、エプソムソルト入浴後は全然身体が冷えません。

 

特に足先をはじめとする身体の末端が冷えやすいのですが、冬でもポカポカ温感が続き「これはプラセボではなく本当に効果があるのでは…」と感じます。

 

また、以前から特にスポーツを行う人たちの間でこむら返りや足の痙攣(けいれん)の予防、疲労回復などの目的で広く使われていたことを考えると、ますます効果を期待せずにはいられません。

 

研究が進み、更なる確実なエビデンスが得られればいいなと思います。

 

エプソムソルトの入手方法ですが、最近は知名度が上がってきたのでドラッグストアや日用品が売られているところであれば比較的どこでも購入可能だと思います。

 

一番安価なのはネットで大容量のものを買うことです。

 

私は日常的に使用するので20kg位まとめ買いをしていますが、大体6,000円台です。

 

「そんなに要らないよ」という場合は、1kg800~1,000円台で購入することができます。

 

半身浴にも勿論使えますし、発汗作用も優れていると思うのですが、私の場合は経皮吸収を期待して使用するので、普通の入浴剤と同様に通常の水量の浴槽に入れて通常通り入浴しています。

 

他の入浴剤と比べてもそこまで高価なものではないので、機会があれば試してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

井出 夕子

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【80,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

【引用】

 

医師が教える!マグネシウムのすごい力 ※1

https://www.amazon.co.jp/dp/B07MKJHM76/

 

Report on Absorption of magnesium sulfate (Epsom salts) across the skin ※2

https://www.epsomsaltcouncil.org/wp-content/uploads/2015/10/report_on_absorption_of_magnesium_sulfate.pdf

The following two tabs change content below.
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約80,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。