【女性必見】ダイエット中もホルモンバランスに左右されないために


  • LINEで送る

From:糸川 真未

 

こんにちは、糸川です。

 

本日はタイトルにもある通り、主に女性がダイエットする時に覚えておいていただくと役立つ内容となっています。

 

女性にはどうしても周期的にホルモンバランスに変化が起き、体調や気分などに影響されてしまう時期があります。

 

ちなみに私はその影響をかなり受けやすい体質なので、在宅ワークが中心の今本当に助かっています。

 

ですが、24/7Workoutのパーソナルトレーニングに通っている時期は少し辛かったです。

 

辛い時にムリをする必要はまったくありませんが、あまり振り回されるとダイエットがはかどらないのも事実です。

 

ダイエット中にどうやってホルモンバランスが乱れる周期と向き合えばよいのかを調べましたのでぜひご参考ください。

 

まず女性には2つのホルモン、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つが分泌される周期があります。

 

ダイエットに取り組むうえでオススメなのはエストロゲンの分泌が盛んな時期で、

 

反対にムリをしない方がいいのはプロゲステロンの分泌が盛んな時期です。

 

エストロゲンとは別名女性ホルモンとも呼ばれており、

 

・代謝アップ

・精神状態の安定

・女性らしい身体つきを生み出す

・肌やの潤いや艶を守る

 

といった女性にとって嬉しい作用があります。

 

ではエストロゲンの分泌が盛んな時期についてですが、これは月経〜排卵の間(卵胞期)と言われています。※1

 

この時期はダイエット的に良い時期ですので、身体に余裕があればぜひいつもより筋トレを頑張ってみてください。

 

ただし、エストロゲンの分泌が盛んな時期とはいえ、もし体調が良くなかったり気分が優れない場合は体に鞭を打つ必要はありませんので、難しい場合は食事コントロールと適度な運動を続けてくださいね。

 

ちなみに、プロゲステロンは排卵~次の月経までの間(黄体期)に分泌が盛んになります。

 

プロゲステロンの分泌が多い時期は、

 

・仕事や家事・育児があるのにやたらと眠い

・精神的に不安定になりやすい

・そのせいでストレスが溜まりやすい

 

など落ち着かない日々ですので、ダイエットがうまくいかなくても『原因はホルモンなのだから仕方ない』と身体のシステムを受け入れて、あまり自分を責めないでくださいね。

 

最後に、エストロゲンは加齢によって分泌量が減少していくホルモンです。

 

ただ、現状食べ物から直接摂取するといったことは難しいため、「エストロゲンに悪影響を与えない」「エストロゲンに似た働きが期待できる食べ物を摂取」という方法をご紹介します。

 

オススメなのは、大豆・豆腐・納豆・おからなどイソフラボンを含んでいるマメ類とカモミールです。※2,※3

 

※カモミールは経口避妊薬の効果を減弱するともされているので、妊娠をお考えの場合または妊娠中の場合は念のため控えるのをオススメします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ホルモンバランスと付き合っていくのはなかなか大変ですが、作用を理解していればダイエット中でも怖いものではありません。

 

快適に理想の身体を目指していきましょう!

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-糸川 真未

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【90,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

 

【引用文献・参考文献】

 

※1 女性とスポーツ―動くからだの科学 (現代の体育・スポーツ科学)  著:加賀谷 淳子

www.amazon.co.jp/dp/4254695284

※2 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-043.html

※3 食物と薬の相互作用(健康食品編)e-ヘルスネット

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-06-004.html

エストロゲンが女性の心身の健康に果たす役割 著:森本恵子

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhej/73/8/73_535/_pdf