頑張らずに食事量を減らす3つの方法

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

突然ですが、一般的にはお正月休みって何日頃までなんでしょうね?

 

公務員というか行政機関は法律で12月29日~1月3日までがお休みと決められているそうですね。

 

僕の2018-2019年末年始も行政機関と同じで

12月29日~1月3日までがお休みでした。

 

だから今日は普通に仕事しています。

 

年末年始のイベント感覚もキッチリ抜いて、通常運転の

日常生活を始めてなきゃいけないわけですが、、、

 

お正月気分って中々抜けないんですよねえ。

 

僕は毎年成人式を過ぎるまではなんとなく正月気分が抜けません。

 

あなたももしかして同じようにお正月気分が抜けていなかったりするかもしれません。

 

でも、いつまでもお正月気分でご馳走を食べていると、せっかく糖質コントロールを頑張った努力が台無しになってしまう可能性があります。

 

そこで、今日は

頑張らずに食事量を減らす3つの方法

という内容をご紹介したいと思います。

 

年末年始にいっぱいご馳走を食べてしまって、なかなか食事量を減らせずにいる場合にはきっと役立つと思います。

 

ぜひご覧ください。

 

頑張らずに食事量を減らす3つの方法

 

1.食前にコップ2杯の水を飲む

 

単純に食事前に水を飲むとお腹が膨れて、食事量を調節しやすくなりますよね。

 

それだけではなく、

「食事前に500mlの水を摂取すると、低カロリー食だけのダイエットを行うよりも大きな減量効果をもたらす」

ということも分かっています。

 

2010年にバージニア工科大学の栄養研究者たちは、肥満の中高年者を対象にした実験を行いました。

 

肥満の中高年者たちを2つのグループに分けて、

グループ1には、低カロリー食+食事前に500mlの水

グループ2には、低カロリー食のみ

を、それぞれ与えました。

 

12週間後、体重を測るとグループ1はグループ2より約44%も体重が減少していました。

 

さらに食事前の水500mlを習慣づけたところ、1年が経過した時点でもリバウンドすることなく減った体重を維持できていたとのことです。

 

コップのサイズにもよりますが、普通のコップなら2杯も飲めば500ml程度になります。

 

食事前にコップ2杯の水を飲むと、自然に食事量をコントロールできて、ダイエット効果をアップできるかもしれません。

 

2.食器を小さくする

 

アメリカの食品消費の行動心理学における第一人者と言われるブライアン・ワンシンク博士が行ったポップコーンを利用した実験では、

 

「大きな容器を与えらえた人はたくさん食べる」

 

という結論が出ています。

 

ワンシンク博士の実験は、映画館で行われました。

 

映画を見に来た観客たちに「売店に関するアンケートに協力してほしい」と伝えて、協力してくれた観客をランダムに2つのグループに分けました。

 

その上でそれぞれに次のものを無料で配って映画を見てもらいました。

 

グループ1:Mサイズのポップコーンとソフトドリンク

 

グループ2:Lサイズのポップコーンとソフトドリンク

 

観客たちには「アンケート」と伝えていますが、実際の目的は「人は渡されたポップコーンのサイズによって食べる量が変わるかどうか」を調べることです。

 

ちなみにこのポップコーンは5日前に作られたもので、発泡スチロールのようにシケっていました。

 

観客の中には無料で配られたことを忘れて、売店に返金を求めにきた人もいたほど激マズでしたから、間違っても進んで食べたい代物ではありません。

 

で、結果はどうだったかと言うと、、、

 

Lサイズのポップコーンを渡された人たちは、Mサイズのポップコーンを渡された人たちより53%も多くのポップコーンを食べていました。

 

シカゴの映画館でも、イリノイの映画館でも、アイオワの映画館でも同じ結果が出ました。

 

どれだけマズいポップコーンであっても、大きな容器を渡された人は小さな容器を渡された人よりも多く食べていたのです。

 

こうした食に関する数々の研究を行い、米国農務省栄養政策促進センター所長も務めたことがあるブライアン・ワンシンク博士は、こう言っています。

 

「脳は実際に摂取した全体のカロリー中、毎日100~200kcalほどを認識していない」

 

私たちは、脳の錯覚が原因で必要以上に食べ過ぎてしまうそうです。

 

お皿を小さくするテクニックは、その作用を逆手にとって食事量を減らす方法です。

 

3.ながら食いをやめて食事に集中する

 

ブリストル大学のブランストローム博士のグループが行った実験では、「ながら食い」が明らかにダイエットに悪影響であるという結果が出ています。

 

この実験では、22人ずつのグループを2つ作って、それぞれに次の指示を与えました。

 

グループ1:メニュー9品目のランチを食べながらPCゲームをプレイしてもらう

 

グループ2:メニュー9品目のランチを食べてもらう

 

食事が終わると、それぞれ満足感や食事内容について聞き取りを行いました。

 

するとゲームをしながら食事をしたグループ1は、グループ2より食事の満足感が低く、「何を食べたのか」もあまり覚えていませんでした。

 

次に、食後30分後にチョコチップクッキーを与えたところ、グループ1はグループ2よりも2倍ほど多くのクッキーを食べてしまいました。

 

PCゲームをやりながら食事した人達は…

 

・食事の満足感が低い

・食事内容をあまり覚えていない

・間食の量が2倍になった

 

という結果が出たということです。

 

この実験を行った教授は、次のようにまとめています。

 

「記憶は食事量の管理に重要な役割を果たす」

「食事中、別のことに意識を向けていると食事の記憶が作られない」

「PCを見るなど食べものへの注意をそらすような行動をやめれば、食事満足度の低下や間食の増加を防げるかもしれない」

 

ちなみに、以前に行われた実験ではテレビを見ながら食事をする人々にもよく似た結果が見られることがわかっています。

 

つまり、PCにせよテレビにせよ、

「何か別のことをしながらの食事」はダイエッターにとって悪影響であるということですね。

 

年末年始は特番やDVDなどを見ながら食事を摂る機会が多かったかもしれません。

 

でも、これからなるべく食事だけに集中すると食事の満足度を上げて、間食も自然と防げるかもしれませんね。

 

どれも費用を掛けずに実施できますし、特別な練習や道具なども必要ではありません。

 

それでいて、ダイエットには有益な方法です。

 

正月気分を抜け出せず、通常運転で糖質コントロールを行えていない場合には、ぜひ試してみてください。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。