健康的でも高糖質!要注意食品3選

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

ダイエットに良い、

健康に良い、

そんな謳い文句で爆発的に流行る食品って毎年ありますよね。

 

一昨年ぐらいから根強くサバ缶人気は続いていますし、最近だと粉豆腐話題になってましたね。

 

粉豆腐は低糖質な高野豆腐を粉末化したものだそうで、低糖質レシピに使いやすいようです。

 

ナビゲーターの花田さんがこういう流行りのトピックに強くて、粉豆腐も結構早い段階で気にしてたんです。

 

本人は自分で買った上でメルマガにしたかったようですが、「全然買えない」なんて、ボヤいてました(笑)

 

でも、話題になる食品の中には、

栄養豊富で健康的でも糖質は高い!

という食品も少なくありません。

 

そこで今日は、

糖質コントロール中に気をつけたい健康的でも高糖質な食品

ご紹介したいと思います。

 

健康的でも高糖質!要注意食品3選

 

1.もち麦

 

お米に比べて、炊く際の水が多くなるから同量でも炊き上がりの体積が増えやすく、食物繊維が豊富なことで健康やダイエットに良いと話題になりました。

 

もち麦は大麦の一種です。

 

大麦には「うるち性」と「もち性」があり、「もち性」の大麦がもち麦ということですね。

 

大麦自体が米や小麦に比べて食物繊維が多く含まれていますが、中でも「もち性」大麦は「うるち性」大麦よりも食物繊維が多くなる傾向があります。

 

特に水溶性食物繊維の「β-グルカン」が、糖の吸収をゆるやかにしたり、便通を改善したり、血中コレステロール低下といった効果があるようです。

 

実際、欧米では大麦やオーツ麦の「β-グルカン」を基準量以上含む食品は、「排便促進効果」などの健康強調表示を行えるようになっています。

 

そんなこんなで健康にはとても良さそうなもち麦ですが、単純に糖質があまり低くありません。

 

実はもち麦は、まだ文部科学省の日本食品標準成分表にも収録されていません。

 

ですので、もち麦メーカーさんの人気商品を例に比較させて頂きます。

 

お米1合(150g)の栄養成分(炊飯前)

炭水化物:116.4g

食物繊維:0.8g

たんぱく質:9.1g

糖質:115.6g

 

もち麦150gの栄養成分(炊飯前)

炭水化物:117.3g

食物繊維:19.5g

たんぱく質:14.4g

糖質:97.8g

 

もち麦の糖質量は、結構普通に高いですよね。

 

糖質コントロール後なんかに食べていただくのは全然良いと思います。

 

ただ、一定期間糖質量をしっかりコントロールすることが大切な糖質コントロール中には、「単純に糖質が高い」という一点でオススメできない食品です。

 

2.甘酒

 

甘酒はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、大量のブドウ糖が摂れる、ということで話題になりましたね。

 

大量のブドウ糖以外の栄養成分が栄養剤としての点滴とほぼ同じであることから、「飲む点滴」なんて言われることもあります。

 

ただ、大量のブドウ糖が含まれる時点で、糖質コントロール的には積極的に摂りにくい食品になってしまうんですよね。

 

ブドウ糖とはグルコース、体内においては血糖と呼ばれています。

 

糖質コントロール中に注意したい成分そのもの、ということですね。

 

甘酒100gあたりの栄養成分

炭水化物:18.3g

食物繊維:0.4g

糖質:17.9g

 

以前に甘酒に関連して、「麹だけで作った甘酒ならセーフですか?」といったご質問をいただいたことがあります。

 

が、甘酒の原料となる米麹も100gあたりの糖質量は57.8gもあります。

 

酒造メーカーの八海山さんが、「麹だけでつくったあまさけ」という製品を販売されていますが、これも100gあたり炭水化物は28.6gあります。

 

甘酒も糖質コントロールが終わった後ならともかく、コントロール期間中にはオススメしにくい食品です。

 

3.ほし芋

 

食物繊維、むくみ解消に有効なカリウム、抗酸化作用のあるビタミンEビタミンC鉄分など、特に女性に嬉しい栄養成分が豊富です。

 

割と昔から、「ほし芋ダイエット」なんてダイエット法が定期的に話題に上っているようです。

 

単純に美味しいですし、腹持ちも良いですよね。

 

ただ、元がサツマイモですから、やはり糖質量の高さがネックになってきます。

 

ほし芋100gあたりの栄養成分

炭水化物 71.9g

食物繊維 5.9g

糖質 66g

 

これも、もち麦・甘酒同様に単純に糖質量が高いため、糖質コントロール期間中は気をつけてほしい食品です。

 

 

そんなワケで今日は

「糖質コントロール中に気をつけたい、健康的でも高糖質な食品」

という内容をご紹介しました。

 

LINEへの返信で、もち麦や甘酒に関する質問は割と見かけることがありますので、もしかしたら摂ってしまっている場合もあるかもしれません。

 

もちろん、他の食品で1日の糖質量を調整できていれば問題ありませんよ。

 

でも、糖質量を把握していない場合は、せっかくの糖質コントロールが台無しになってしまう恐れもあるから気を付けてください。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。