めんつゆ、みりん、ソースも糖質オフ!

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

糖質コントロール、頑張っていますか?

 

最初はご飯・パン・めん類、じゃがいもなんかも食べにくくなることでキツく感じる場合が多いと思います。

 

でも、慣れてくると調味料の糖質まで気になってきますよね。

 

糖質的にはマヨネーズはアリだったり、逆にケチャップは糖質高めだったりします。

 

他にも、めんつゆ、みりん、ソースなんかも高糖質で使いにくい調味料ですね。

 

でも、最近の糖質オフ食品増加の流れで、こうした調味料にも糖質オフの製品が出てきました。

 

今日はそれをご紹介したいと思います。

 

低糖質トマトケチャップ

 

一般的なトマトケチャップの糖質は、100gあたり25.9gもあります。

 

同量のマヨネーズ(卵黄型)の糖質が0.6gしかないことを考えると、かなり使いにくく感じますよね。

 

僕はぶっちゃけあんまりトマトケチャップ使わないのですが、ケチャップ好きな人にはつらいことです。

 

でも、デルモンテさんから、一般的なトマトケチャップよりかなり糖質の低い製品が出ました。

 

日本食品標準成分表2015年版トマトケチャップ

(100gあたり)

カロリー:121kcal

糖質:25.9g

食塩相当量:3.1g

 

デルモンテ デリシャスライトケチャップ

(100gあたり)

カロリー:59kcal

糖質:12.6g

食塩相当量:1.6g

 

デルモンテ公式では、「日本食品標準成分表2015」トマトケチャップと比較して、本製品は糖質・塩分・カロリー40%オフと謳っています。

 

が、実際には50%近くカット出来ています。

 

厳密には糖質・カロリーのカット率が48%ぐらいだから、キリのいいところで40%オフとしているんですかね。

 

それでも100gあたりの糖質は10gを超えてしまっていますが、実際にケチャップを100g使うことなんてないですよね。

 

デリシャスライトケチャップの大さじ15gあたりの糖質は1.89gしかありません。

 

これなら、糖質コントロール中の料理にも使いやすいのではないでしょうか。

 

低糖質めんつゆ(濃縮3倍)

 

一般的なめんつゆ(濃縮3倍)の糖質は、100gあたり20.0gあります。

 

でも、糖質0g麺でダイエッターに有名な紀文さんが、ズバリ「糖質0つゆ(濃縮3倍)」を出してくれました。

 

日本食品標準成分表2015年版 めんつゆ(三倍濃厚)

(100gあたり)

カロリー:98kcal

糖質:20.0g

食塩相当量:9.9g

 

紀文 糖質0つゆ(濃縮3倍)

(100gあたり)

カロリー:13kcal

糖質:0g

食塩相当量:6.1g

 

糖質はもちろん、カロリーもめちゃくちゃ低くなっていますよね。

 

めんつゆって何かと使える便利な調味料ですし、これはダイエッターにとって本当にうれしい製品じゃないかなと思います。

 

低糖質みりん

 

一般的な本みりんの糖質は、100gあたり43.2gあります。

 

「日の出みりん」で知られるキング醸造株式会社さんというメーカーが、糖質ゼロのみりん風調味料を出してくれています。

 

日本食品標準成分表2015年版 本みりん

(100gあたり)

カロリー:241kcal

糖質:43.2g

食塩相当量:0g

 

キング醸造 甘みとコクの糖質ゼロ

(100gあたり)

カロリー:13kcal

糖質:0g

食塩相当量:0g

 

合成甘味料、酸味料、保存料等も一切使用していないそうです。

 

僕は、しっかりとした料理をすることがほとんどなかったもので、煮物の甘辛い味付けをどうやって出すのか全く知りませんでした。

 

だから、みりんという調味料の存在意義がずっと分かっていませんでした。

 

27~28歳で、初めてみりんの使い方を知った時は本当に衝撃を受けました。

 

糖質オフのみりん風調味料があるだけで、糖質コントロール中のレシピは結構広がるんじゃないでしょうか。

 

低糖質お好みソース

 

一般的なお好みソースの糖質は100gあたり33.2gもあります。

 

でも、ソースで有名なオタフクさんが、自社製品に対して糖質50%オフを実現したお好みソースを出してくれました。

 

日本食品標準成分表2015年版 お好み焼きソース

(100gあたり)

カロリー:144kcal

糖質:33.2g

食塩相当量:5.7g

 

オタフク お好みソース糖質50%オフ

(100gあたり)

カロリー:70kcal

糖質:10.75g

食塩相当量:5.25g

 

オタフクさんによると、1食40gあたりの糖質は4.3gまで減ります。

 

まあソースも100gいっぺんに使うことなんてないですよね。

 

ちなみに、僕は個人的には中濃ソースとお好みソースの違い、というか使い分けをする必要性がよくわかっていません。

 

これに対して、各ナビゲーターからはかなり辛口に突っ込まれました。

 

関西出身の渡邊さんは、

「中濃ソースとお好みソースはまったく別物。使い分けない意味がマジでわかりません」

 

花田さんは、

「中濃ソースとウスターソースは使い分けない。でも、お好みソースとは一緒ではないし、お好みソースは甘いからあんまり買わない」

 

最近毎週糖質コントロールの経過記事をアップしている西森さんは、

「中濃ソースとウスターソースは好き嫌いで使い分ければいい。ただ、お好み焼きソースはお好み焼き専用」

 

といった見解でした。

 

僕の舌が馬鹿すぎるだけだと思いますが、正直まったく意味がわかりませんでした。

 

ぶっちゃけ、コロッケもアジフライもお好み焼きも焼きそばも、お好みソースでイケると考えております。

 

最後にちょっと話が逸れてしまいましたが、今日は糖質コントロール中にも使える糖質オフ調味料というテーマで、ケチャップ、めんつゆ、みりん、ソースをご紹介させていただきました。

 

糖質コントロール中は、好きなものや味が食べられなかったりするケースも多いと思います。

 

ぜひ、こうした調味料を使って、なるべく飽きないように糖質コントロールを行っていっていただければと思います。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。