ダイエットを失敗させる!? 3つの考え方

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

榑井(くれい)です。

 

僕の右隣の席には24/7Englishという英会話スクールの情報を発信している西森さんという方が座っています。

 

【24/7Englishって?】

https://247xh.com/05en

 

西森さんはいま毎週土曜に糖質コントロール実践記録を配信しているので、よければ土曜のメルマガに注目してください。

 

そのメルマガで毎回体重を報告していますが、ガンガン減量しています。

 

実際、毎日会ってるのに一目でわかるぐらい細く、小さくなったので、社内の一部では「ニシモリさん」じゃなくて「ミニモリさん」なんて呼ばれ方をするようになりました。

 

で、左隣には僕たちの公式インスタグラムやメディアを運営している益田さんという方が座っています。

 

この人はリスのように小食で小柄なんですが、30歳を超えて、以前に比べて太ってきたようで糖質コントロールを始めました。

 

元々「太っている」というほどの体型じゃなかったのに、3か月で9kgも体重を落としています。

 

また、僕がよく業務で絡むトレーナーさんは見る度に割と体型が違います。

 

シュッとしている時もあれば、ドーンと大きくなっている時もあります。

 

バルクアップのために意図的に体重を増やしたり、絞ったりとしているそうなんですが、本人曰く「増やす方が大変」だそうです。

 

こんな人達が周りにいるので、

 

「ダイエットってめっちゃ簡単なのでは…?」

 

なんて僕は勘違いしてしまいがちですが、ダイエットって大変ですよね。

 

自己流で何度挑戦してもうまくいかなかったり、、、

「ダイエットする」といつも言っている割に体型に変化がなかったり、、、

 

プライベートの知り合いや友達でそんなケースを何度も見てきました。

 

そもそも、ダイエット方法がよろしくなかったりする場合もあると思います。

 

でも、本人のダイエットに対する考えた方が失敗に繋がりやすいものである場合もあります。

 

そこで、今日は

 

ダイエットを失敗させてしまいやすい3つの考え方

 

といった内容をご紹介させていただきます。

 

ダイエットを失敗させる!?3つの考え方

 

1.『食べてはいけないもの』ばかりに注目してしまう

 

ダイエット、特に糖質コントロールを行う場合には、『食べてはいけないもの』を把握することはとても大切です。

 

でも、必要以上に「あれは食べられない」「これも食べられない」と、『食べてはいけないもの』ばかりに注目してしまうと、我慢する感覚が強くなり、ストレスをため込む原因になりかねません。

 

糖質コントロールは、お米・パン・麺類・イモ類など、主食として馴染み深いところに制限が掛かってしまいますが、『食べられるもの』もいっぱいあるダイエット方法です。

 

お肉、魚介類、卵、チーズ、葉物野菜、きのこ類、海藻、大豆製品などなど、、、

 

『食べられるもの』はたくさんありますよね。

 

『食べられるもの』に注目すれば、「我慢する」という感覚はあまり感じないと思います。

 

「あれも食べられる」「これも食べられる」と思えるわけですからね。

 

『食べてはいけないもの』に必要以上に注目を向けず、『食べられるもの』に意識を向けて、なるべくストレスを感じずにダイエットを行っていくことが大切です。

 

2.食べ過ぎた翌日に極端な食事制限をしてしまう

 

食べ過ぎた翌日に断食や極端な食事制限をしてしまうことはありませんか?

 

断食も極端な食事制限も、肉体的にも精神的にもラクなものじゃありません。

 

これを繰り返していくと、ウンザリしてきちゃうと思います。

 

そうなると、ダイエットを継続していけないですよね。

 

そもそも食べ過ぎちゃった翌日に、極端な食事制限をする必要がある、という考え方がよろしくありません。

 

ちゃんとダイエットを行えていれば、たった1日の食べ過ぎでそれまでの努力が水の泡になってしまうようなことはないからです。

 

以下の記事でも、食べ過ぎちゃった翌日にやってはいけないこと、といった内容を軽く書いていますので、よかったらご覧ください。

食べ過ぎちゃった翌日にやってはいけないこと

 

3.即効性のあるダイエット方法に惹かれて、地道な努力ができない

 

体重も体脂肪率も、筋肉量もすぐに改善されるものじゃありません。

 

努力が反映されるには多少の時間がかかるものです。

 

たったひとつのサプリや特定の食品を食べ続けることで、みるみる痩せたり、腹筋がバッキバキに割れる、なんてことはありません。

 

仮にあったとしても健康面でのリスクが大きかったり、習慣が何も変わっていなければ避けられないリバウンドが目に見えています。

 

なかなか改善が見られない体型にイライラする日もあるかもしれません。

 

イヤになってしまう日もあるかもしれません。

 

それでも、地道な努力ほど効果的で確実なダイエットはない、ということを思い出して、頑張ってください。

 

そして、日々の積み重ねによって身に付いた生活習慣は、ボディメイク後のリバウンドも防ぐのに大きく役立ってくれます。

 

 

というわけで、ダイエットを失敗させてしまいやすい3つの考え方というテーマの内容をご紹介させていただきました。

 

もし、あなたがダイエットを中々継続できず苦しんでいたりする場合に、思い当たる点があれば注意してみてください。

 

多少でもあなたのボディメイクを成功に役立てば幸いです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。