糖質コントロール中に避けたい高糖質飲料

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

すっかり気温が上がってきましたね。

 

僕は秋冬はもっぱらインスタントコーヒーを飲んでいますが、このぐらいの時期からコンビニのアイスコーヒーを飲む回数が増えてきます。

 

あなたも秋冬に比べるとコンビニ等で冷たい飲み物を買う機会が多くなってくるのではないでしょうか。

 

でも、健康的だったりダイエット向きに思えても案外糖質が高い飲み物が多いので注意が必要です。

 

今日は、糖質コントロール中には特に注意したい案外糖質の高い飲み物をご紹介したいと思います。

 

糖質コントロールを頑張っているつもりでも、今日取り上げる飲み物を頻繁に飲んでいると台無しになってしまう恐れがありますから注意してくださいね。

 

糖質コントロール中に避けたい高糖質飲料

 

基本的には糖質量を掲載しますが、メーカー公式ページに糖質量が載っていない製品は炭水化物量を掲載します。

 

スポーツドリンク

 

アクエリアス

500mlあたりの炭水化物量:23.5g

 

ポカリスエット

ペットボトル500mlあたりの炭水化物:31g

缶480mlあたりの炭水化物:32.16g

 

気温が上がってくるとスッキリゴクゴク飲めるスポーツドリンクが美味しく感じますよね。

 

とはいえ、スポーツドリンクは基本的に糖質高めなので注意しましょう。

 

アクエリアスゼロ(500ml:炭水化物3.5g)イオンウォーター(500ml:炭水化物13.5g)といった炭水化物量の少ないものもありますので、どうしてもスポーツドリンクが飲みたい時はそういったものを探すことをオススメします。

 

ちなみにポカリスエットがペットボトルと缶で炭水化物量が違うのは、工程が違うためだそうです。

 

なんでも、缶は絞った柑橘系の果汁をそのまま加えているようです。

 

ただ、果汁の繊維が混じる場合があって、これだとペットボトルでは見栄えが悪いので工夫されているのだとか。

 

昔からのポカリスエットファンには缶の方が人気だそうですよ。

 

100%フルーツジュース

 

ミニッツメイド 1日分のマルチビタミン

350mlあたりの炭水化物:35g

 

雪印メグミルDole オレンジ100%

200mlあたりの糖質:20.7g

 

雪印メグミルDole アップル100%

200mlあたりの糖質:21.7g

 

雪印メグミルDole グレープフルーツ100%

200mlあたりの糖質:16.2g

 

フルーツ100%ジュースという響きってとても健康的に聞こえますよね。

 

ただ、糖質的には結構な量なので、フルーツジュースを飲むなら本物のフルーツを少量食べる方がよいのではないかなと思います。

 

野菜ジュース

 

カゴメ 野菜生活100オリジナル

200mlあたりの糖質:15.4g

 

カゴメ 野菜生活100ベリーサラダ

200mlあたりの糖質:19.8g

 

伊藤園 1日分の野菜

200mlあたりの糖質:14.1g

 

伊藤園 充実野菜 緑黄色野菜ミックス

200mlあたりの糖質:17.4g

 

野菜ジュースも健康的だったり、ダイエット向きな印象があると思いますが、実際結構糖質が高いものが多いので注意が必要です。

 

カゴメからは野菜ジュース糖質オフ(200ml:糖質3.3g)という製品が出ていますから、野菜ジュースを飲む時はそういったものを選ぶことをオススメします。

 

フレーバーウォーター

 

い・ろ・は・す みかん

555mlあたりの炭水化物:25.53g

 

い・ろ・は・す りんご

555mlあたりの炭水化物:23.865g

 

サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン

550mlあたりの炭水化物:28.6g

 

アロエヨーグリーナ&サントリー天然水

550mlあたりの炭水化物:30.8g

 

様々な味と甘みがついているフレーバーウォーターは、ビジュアルは水でしかないから低糖質そうに思えますよね。

 

でも実は普通に糖質を含んでいるので注意が必要です。

 

飲むヨーグルト

 

明治ブルガリア飲むヨーグルトLB81 プレーン

450gあたりの炭水化物:56.25g

 

食べるヨーグルトの方は、低糖質だったり高たんぱくな製品も増えているので、糖質コントロール中に結構食べる機会もあるのかなと思います。

 

ナビゲーターの花田さんはお昼ご飯に明治THE GREEK YOGURT 高たんぱく脂肪ゼロ(1個100gあたり炭水化物:4.8g)を食べています。

 

こういったヨーグルトであれば、糖質コントロール中でも全然イケますよね。

 

ただ、そのイメージで飲むヨーグルトを捉えてしまうと予想以上に多くの糖質を摂取することになるかもしれませんので、気をつけましょう。

 

 

これから夏に気温が上がっていくにつれて、冷たい飲み物を買う機会は増えていくと思います。

 

せっかく毎日糖質量を計算したり、気をつかったりしているのですから、変なところで糖質を摂ってしまうともったいないですよね。

 

飲料を買う時も、なるべく栄養成分を見て、炭水化物量や糖質量の少ないものを選びましょう。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)