運動は脳を若返らせる

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

ジムに通っているおじいちゃんやおばあちゃんって年齢より若々しく見える人が多いですよね。

 

実はあれって「若く見える」だけじゃなくて「本当に若い」と科学的に証明されていることだったみたいです。

 

「身体を活発に動かした人の脳は機能が向上し、加齢による悪影響が抑制され、むしろ脳が若返る」

出典:アンダース・ハンセン『一流の頭脳』

 

これは昨日電車の中で読んでいた本でオッと思った文章です。

 

糖質コントロール中で運動・トレーニングへの意欲が高いあなたにも興味深いトピックじゃないかなと思ったのでご紹介させていただきますね。

 

僕が昨日読んでいた『一流の頭脳』という本の著者は、スウェーデンのカロリンスカ研究所で医学を学んだ秀才でアンダース・ハンセンという方です。

 

ちなみにカロリンスカ研究所とは、1810年に医学研究のために設立されたスウェーデン最大の教育研究機関です。

 

ノーベル賞のなかでも世界最高の栄誉と考えられている物理学賞、化学賞、生理学・医学賞のうち、カロリンスカ研究所は1901年以来、生理学・医学賞の受賞者を選ぶ権利を与えられてきた超名門です。

 

そんな医学の名門で学び、何千という研究論文を読んできた著者が「人生に対する考え方まで変わるきっかけとなった」と絶賛していた研究論文があります。

 

その研究の結論が、

 

「身体を活発に動かした人の脳は機能が向上し、加齢による悪影響が抑制され、むしろ脳が若返る」

 

というわけです。

 

内容をざっくり紹介しますね。

 

ある実験の結果、ケージで飼育されていたマウスのうち、回し車をこいだマウスは脳の老化が遅いことがわかりました。

 

そこで、

 

「人間も、身体を動かせば脳の老化を遅らせることが出来るのではないか?」

 

とアイオワ大学のミシェル・ボス博士たちは考えました。

 

まず、60歳の被験者100人をふたつのグループにわけました。

 

ひとつめのグループには、週に数回のウォーキングを1年間続けてもらいました。

 

ふたつめのグループには、ひとつめのグループと同じ頻度で心拍数が上がらない程度の軽い運動を1年間続けてもらいました。

 

実験開始前に、どちらのグループもMRIによる脳の検査を受けてもらい、1年後にもMRI検査を受けてもらいました。

 

すると1年後、ウォーキングを続けたグループは軽い運動グループよりも健康になっただけではなく、明らかに脳が若返っていたのです。

 

彼らの脳は1年間加齢がまったく進んでおらず、特に脳の中でも加齢の影響をもっとも受けやすいといわれる領域は衰えるどころか強化されていたそうです。

 

更に言えば、認知機能-自発的な行動や、計画力、注意力等を制御する重要な機能も衰えるどころか向上していたんです。

 

これって、すごいことですよね。

 

運動は健康維持やダイエットに役立つのはもちろんですが、脳の年齢までも若くしてくれるということなんですから。

 

また、運動はストレスを軽減することも科学的に分かっています。

 

この話はまた後日、別の記事で紹介できればと思っています。

 

僕たちのメールをお読み下さっているあなたは、どの程度運動を行っているでしょうか。

 

「運動は脳にもイイ」ということを踏まえて、目標体重を達成してからも、いつまでも若々しくいられるよう運動を心がけてもらえたらうれしいです。

 

それでは。

 

-榑井 克也

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。