どうしてもマックが食べたいときはどうしたらよいでしょうか

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

いつも僕たちのメルマガをお読みいただきありがとうございます。

 

今日は読者の方からの疑問・質問に回答させていただきます。

 

ともこさんからのご質問です。

 

Q.質問です! どうしてもマックが食べたいときはどうしたらよいでしょうか

 

ともこさんご質問ありがとうございます。

 

うーん、マックは糖質コントロール中には決してオススメできませんが、食べたくなる時はありますよね。

 

まして、糖質コントロール中ともなると反動的にファーストフードをガッツリと食べたい気分の時もあると思います。

 

そこで糖質コントロール中にもマックを食べられるかどうか、

各メニューの糖質をリストアップしてみました。

 

まずはドリンク、サイド、サンドイッチでそれぞれ糖質が高いメニューを並べますね。

 

ドリンクメニュー(高糖質)

 

マックシェイク ストロベリー(M):糖質74.4g

マックシェイク チョコレート(M):糖質73.2g

マックシェイク バニラ(M):糖質71.9g

コカ・コーラ(L):糖質45.4g

 

サイドメニュー(高糖質)

 

シナモンメルツ:糖質65.3g

マックフライポテト(L):糖質64.3g

マックフライポテト(M):糖質51g

マックフライポテト(S):糖質25.4g

マックフルーリー ブラックサンダー:糖質51.2g

ホットケーキ:糖質46.4g

 

サンドイッチ(高糖質)

 

倍てりやきチキンフィレオ:糖質74.6g

倍チキンフィレオ:糖質60.7

倍えびフィレオ:糖質58.8g

 

(参考)ビッグマック:糖質39.0g

 

参考に掲載したビッグマックはともかく、このあたりを食べてしまうと、一発で一日の糖質量(体重kg×1g)を突破してしまう場合が多いんじゃないかなと思います。

 

次に糖質が低めなメニューは以下の通りです。

 

ドリンクメニュー(糖質低め)

 

コカ・コーラ・ゼロ(S・M・L):糖質0g

爽健美茶(S・M・L):糖質0g

アールグレイアイスティー(S):糖質0.2g

ホットティー(S):糖質0.2g

サントリー黒烏龍茶#濃いめ:糖質0.7g

プレミアムローストアイスコーヒー(S):糖質1.0g

 

サイドメニュー(糖質低め)

 

サイドサラダ:糖質1.5g

(ドレッシング)

低カロリー玉ねぎ:糖質1.1g

焙煎ごま:糖質2.3g

 

スイートコーン:糖質8.5g

ハッシュポテト:糖質11.9g

 

スパイシーチキンマックナゲット5P:糖質11.6g

チキンマックナゲット5P:糖質13.3g

(ソース)

マスタードソース:糖質4.6g

バーベキューソース:糖質7.4g

 

サンドイッチ(糖質低め)

 

ソーセージマフィン:糖質24.7g

ソーセージエッグマフィン:糖質24.8g

ベーコンエッグマックサンド:糖質26.9g

ベーコンレタスバーガー:糖質27.3g

倍ベーコンレタスバーガー:糖質27.3g

メガマフィン:糖質28.2g

ハンバーガー:糖質28.6g

倍ハンバーガー:糖質28.6g

チーズバーガー:糖質29.1g

エッグチーズバーガー:糖質29.3g

倍エッグチーズバーガー:糖質29.3g

倍ダブルチーズバーガー:糖質29.5g

ダブルチーズバーガー:糖質29.6g

 

サンドイッチは糖質低めとは書いていますが、決して糖質低くありません。

 

あくまでもサンドイッチメニューの中で、相対的に糖質量が低いモノをピックアップしました。

 

こうして並べてみると、ベーコンレタスバーガー、ハンバーガー、チーズバーガー、エッグチーズバーガー、ダブルチーズバーガーは、夜限定の倍マックにしても糖質量がさほど変わらないんですね。

 

ダブルチーズバーガーなどは、倍マックの方が糖質が少ないほどです。

 

なんか間違えたかな?と見直しましたが、間違いじゃありませんでした。

 

具体的には…

 

ダブルチーズバーガー:炭水化物31.6g、食物繊維2.0g、31.6-2.0=糖質29.6g

 

倍ダブルチーズバーガー:炭水化物31.7g、食物繊維2.2g、31.7-2.2=糖質29.5g

 

ということです。

 

さて、ともこさんの質問「どうしてもマックが食べたいときはどうしたらよいでしょうか」について考えてみましょう。

 

ビッグマック:糖質39.0g

マックフライポテト(S):糖質25.4g

マックシェイク ストロベリー(M):糖質74.4g

 

なんて構成は完全にアウトですね。

 

というより、シェイクは単品で糖質が高すぎてしまうので、糖質コントロール中は我慢するしかないかなぁ、と思います。

 

どうしても飲みたい時は、友人から一口貰うぐらいにしておきましょう。

 

その一口にしても、正確な糖質量は測れませんが、「この一口で糖質10~20g!」なんて考えると、我慢しやすいかもしれません。

 

バーガーとポテトなどのサイトメニューを両立させるのもちょっと難しそうです。

 

でも、どちらかだけなら…?

 

例えば、、、

 

爽健美茶(S・M・L):糖質0g

マックフライポテト(S):糖質25.4g

 

この組み合わせなら、合計糖質量25.4gですね。

 

爽健美茶(S・M・L):糖質0g

チキンマックナゲット5P:糖質13.3g

マスタードソース:糖質4.6g

 

これなら、合計糖質量17.9gです。

 

例えば、、、

 

爽健美茶(S・M・L):糖質0g

倍ダブルチーズバーガー:糖質29.5g

 

この組み合わせなら、合計糖質量は29.5gです。

 

爽健美茶(S・M・L):糖質0g

サイドサラダ:糖質1.5g

低カロリー玉ねぎ:糖質1.1g

倍ベーコンレタスバーガー:糖質27.3g

 

これなら、合計糖質量は29.9gです。

 

ダブルチーズバーガーもベーコンレタスバーガーも、倍にしてもあまり糖質量は変わりませんから、倍にした方がお得感あるかもしれませんね。

 

ただ、倍マックは夜限定ですから、あまり遅い時間に糖質を摂取することにならないよう注意は必要です。

 

サイドメニューと低糖質ドリンク、糖質低めのバーガーと低糖質ドリンク、

このぐらいなら、他の食事で糖質量を調整すれば、なんとか食べられるんじゃないでしょうか。

 

ちなみにトランプ大統領は、今年6月頃に「大好物のチーズバーガーのバンズ(パティを挟む上下のパン)を半分食べないダイエットをする」と公言していました。

 

マクドナルドでも、バンズ抜きという注文の仕方が出来るようです。

 

全部抜かなくても上下2枚あるバンズのうち1枚は食べない、といったルールを設けるのもいいでしょうね。

 

でも、ハンバーガーのバンズにこだわらないなら、そもそもマックじゃなくて、モスバーガーに行ってもいいんじゃないかなと思います。

 

モスには、ハンバーガーのバンズを丸々レタスに変えてしまった菜摘シリーズというものがあります。

 

カリフォルニアの人気バーガーショップと言われる「イン・アンド・アウト・バーガー」では、バンズの代わりにレタスでパティを包んだバーガーが「プロテインスタイル」なんて呼ばれて人気だそうです。

 

モスの菜摘は、まさにこのプロテインスタイルのバーガーです。

 

モス野菜バーガー(糖質量33.0g)の中身をレタスで包んだ、菜摘・モス野菜の糖質量はたった9.6gしかありません。

 

さらに、毎月29日(今日!)は上下2枚のハンバーガーパティで焼肉とチキンを挟んだ【にくにくにくバーガー(糖質15.1g)】なんてものも限定販売しています。

 

菜摘シリーズにくにくにくバーガーについては、こちらの記事で取り上げていますので良ければ参照してみて下さい。

 

糖質9.6g!低糖質バーガー

 

そんなわけで、今日はともこさんの「どうしてもマックが食べたいときはどうしたらよいでしょうか」というご質問に回答させていただきました。

 

もう一度まとめると、、、

 

・バーガーもポテトもシェイクも…セットを全部食べるのはNG×

 

・バーガーと低糖質ドリンク、ポテトと低糖質ドリンクなどの組み合わせなら、メニュー次第でなんとかなります。

 

・バンズを抜くなどの工夫は◎

 

・でも、バンズ抜くぐらいならモスの菜摘という選択肢もありますよ。

 

ということです。

 

可能であれば、糖質コントロール中はファーストフードを我慢するのが理想的です。

 

でも、我慢しすぎてドカ食いに走ってしまう可能性があるなら、適度に息抜きした方が良いですね。

 

そういう意味で、他の食事で調節してマックやモスを食べる日があってもいいと思いますよ。

 

ダイエットはストレスと上手に付き合っていく必要があります。

 

うまくケアしながら、ボディメイクを頑張っていきましょう。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)