ヘルシーだと思って食べすぎてない?糖質コントロール中の要注意食品6点

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

よかれと思って手伝ったら余計なお世話だったり、、、

 

よかれと思って席を譲ったら年寄り扱いを嫌がられたり、、、

 

よかれと思っての行動が裏目に出てしまうことってありますよね。

 

僕は友人の家で飲む機会が多く、その度によかれと思ってロックアイスを買っていくんです。

 

でも、向こうも先に買っていて他人の家の冷凍庫をパンパンにしてしまう、、、なんてことが頻繁にあります。

 

さて、糖質コントロールダイエットにおいても、よかれと思ってやっていたことが実は逆効果なんてケースがあります。

 

例えば、ヘルシーだと思って食べていたものが、実は糖質が高いなんてケースです。

 

糖質コントロールを始めたばかりの頃は特に多いんじゃないでしょうか。

 

そこで、今日は

 

ヘルシーだと思って食べすぎてない?糖質コントロール中の要注意食品6点

 

というテーマで、実は糖質が高い食品を

ご紹介したいと思います。

 

1.シリアル

 

コーンフレークやフルーツグラノーラなどは健康的なイメージがありますが、糖質コントロール向きの食品とは言えません。

 

有名どころの糖質量は以下の通りです。

 

カルビー

フルグラ(1食分50g):糖質31.6g、食物繊維4.5g

フルグラ糖質オフ(1食分50g):糖質18.9g、食物繊維6.8g

 

日清

シスコーンBIGフロスト(1食分40g):糖質35.0g、食物繊維1.2g

シスコーンBIGマイルドチョコ(1食分40g):糖質34.2g、食物繊維1.2g

 

ケロッグ

オールブランオリジナル(1食分50g):糖質19.9g、食物繊維11.0g

オールブランプレミアム(1食分50g):糖質35.7g、食物繊維6.4g

コーンフロスティ(1食分30g):炭水化物26.9g

 

どれも牛乳はかけていない状態での糖質量です。

 

これに200gの牛乳をかける場合、糖質は約9.6g程度増えることになります。

 

ピックアップした製品の中で一番糖質量が低い「フルグラ糖質オフ」でも、牛乳200gをかけると1食あたりの糖質量が28.5gとなかなかの数字になってしまいますね。

 

1日の糖質量を計算した上で控えめに食べられるならセーフですが、ヘルシーな印象だけで食べ過ぎはNGです。

 

2.ハチミツ

 

大さじ1杯(約22g):糖質18.0g、食物繊維0g

 

ビタミン、ミネラル、アミノ酸に酵素など様々な栄養素が豊富に含まれているハチミツですが、糖質は高めです。

 

抗菌や美肌効果、アンチエイジングなどのために食べている場合もあるかもしれませんが、糖質コントロール中はなるべく控えたいですね。

 

3.イモ類

 

じゃがいも(1個約150gの場合):糖質24.4g、食物繊維2.0g

 

さつまいも(1本約250gの場合):糖質74.3g、食物繊維5.5g

 

ながいも(1本約500gの場合):糖質64.5g、食物繊維5.0g

 

※重量は目安です。

 

イモ=野菜、だから低糖質なはず、というイメージを持っていたりしませんか?

 

実は文部科学省が5年に一度改訂している日本食品標準成分表でも、ここに挙げたイモは「野菜類」ではなく「いも及びでん粉類」として分類されています。

 

デンプンとは、炭水化物そのものです。

 

デンプンが多く含まれる植物といえば、コメ、小麦、とうもろこしなど、糖質コントロールで避けたいものばかりです。

 

上に挙げたイモ類も同様に糖質が高いので、糖質コントロール中は控えましょう。

 

4.春雨

 

緑豆はるさめ(乾燥30gの場合):糖質25.1g、食物繊維1.2g

 

普通はるさめ(乾燥30gの場合):糖質25.6g、食物繊維0.4g

 

春雨には、じゃがいもやさつまいものデンプンから作られる普通はるさめと、緑豆というマメのデンプンから作られる緑豆はるさめがあります。

 

春雨も日本食品標準成分表では、イモ類同様に「いも及びでん粉類」に分類されています。

 

一見ヘルシーなイメージがありますが、糖質は高いので注意したいですね。

 

5.ドライフルーツ

 

あんず(乾燥5個約40gの場合):糖質24.3g、食物繊維3.9g

 

いちじく(乾燥5個約35gの場合):糖質22.7g、食物繊維3.7g

 

プルーン(乾燥5個約40gの場合):糖質22.1g、食物繊維2.9g

 

バナナチップス(乾燥10片約20gの場合):糖質15.7g、食物繊維1.4g

 

※重量は目安です。

 

フルーツを乾燥させたドライフルーツは、栄養素をギュッと濃縮させた健康的な食べ物というイメージがあるかもしれません。

 

でも、上記のように糖質は非常に高い食べ物です。

 

6.そうめん・ひやむぎ

 

そうめん・ひやむぎ(2束100g):糖質70.2g、食物繊維2.5g

 

LINEやメールで読者の方々からいただく食事報告でちょくちょく見かけるそうめんですが、原料は小麦粉です。

 

原料が小麦粉の食べ物というと、

パン、ラーメン、パスタ、うどん、ケーキなどなど、、、

いずれも糖質コントロール中は控えたい食べ物が挙げられますね。

 

パンやラーメンに比べると、一見そうめん・ひやむぎはダイエット向きに思えるかもしれませんが、糖質的にはまったくそんなことありません。

 

というわけで、本当に一部でしかありませんが、今日は糖質コントロール中の要注意食品6点をご紹介しました。

 

6点と言いながら、イモ類の項目でじゃがいも・さつまいも・長いもと3つも挙げていたり、ドライフルーツでも4種類挙げていたりしますが、そこはご愛嬌ということで。。。

 

もちろん、今日ご紹介した食品も「糖質コントロール中に全く食べてはいけない」というワケではありません。

 

ただ、どれも糖質が高めですから、1日の糖質量をオーバーしてしまわないように少量だけにしておきたい食べ物です。

 

糖質コントロールを頑張っているつもりでも、これらをうっかり食べすぎてしまうと努力が水の泡になってしまうかもしれません。

 

せっかくの頑張りが無駄にならないよう、知識を身につけて効率的にボディメイクをしていただければと思います。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから


The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)