かき氷はいくら食べても大丈夫?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:榑井 克也

 

こんにちは

 

榑井(くれい)です。

 

最近、暑くなってきましたね。

 

あまりの暑さに体調を崩しやすい季節ですが、あなたは大丈夫ですか?

 

暑いときはこまめに水分補給をして、中症や脱水症状などにならないように気をつけてくださいね。

 

ところで、夏といえば冷たいものを食べたくなることが多いと思います。

 

特にかき氷は「氷」なので、まさしく暑いときにうってつけの食べ物です。

 

でも、かき氷って糖質コントロール中に食べてもいいものなんでしょうか?

 

氷は大丈夫だと思いますが、やっぱりシロップが糖質高そう…?

 

ということで今回は、

「かき氷は糖質コントロール中に食べてもいいものなのか」

についてお伝えします。

 

まず、氷の部分です。

 

かき氷の氷は1杯約200gくらいですが、その糖質は味付けなどの工夫をしていない限り「0g」です。

 

まあ、氷ですからね(笑)

 

さて、シロップですが、そもそも1食分の量はどのぐらいなんでしょう?

 

大正13年にシロップ製造を始め、昭和40年代からかき氷シロップを販売されている老舗の明治屋さんのサイトでは、1食32mlと表記されていました。

 

これを基準に考えたいと思います。

 

で、明治屋さんのかき氷シロップ「マイシロップ」シリーズは、どれも1食(32ml)あたりの炭水化物量が17g前後となっています。

http://www.meidi-ya.co.jp/merchandise/mybrand/syrup.html

 

次にアマゾンのかき氷シロップランキング上位を独占、関西の某大型テーマパークでも使用されているという「キャプテン」というシロップブランドを見てみました。

 

が、販売元の中村商店さん公式サイトには栄養成分の記載無し…!

 

かろうじてアマゾン等に一部商品の栄養記載がありました。

 

かき氷専用シロップシリーズは、32mlあたりにおおむね17g~20mg前後程度の炭水化物が含まれているようです。

 

かき氷シロップの主な成分は、果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)と砂糖です。

 

果糖ぶどう糖液糖とは、そのまま果糖とブドウ糖を主成分とする糖なので、糖質が多いのは仕方ないところですね。

 

ちなみに、かき氷シロップはどれも同じ味と言われてますよね。

 

実際、昔からある製品なんかはそういうものが多いようです。

 

でも、明治屋さんでも抹茶味には宇治抹茶を加えていたり、中村商店さんのキャプテンシリーズではみかん果汁やマンゴーピューレを加えているようです。

 

かき氷シロップも進化しているんですね。

 

ちょっと話がそれましたが、氷とかき氷シロップだけのかき氷は1食あたり17g~20g前後の炭水化物が含まれていそうです。

 

200mlのアイスクリームで40g以上の糖質が含まれますから、それに比べればかき氷の炭水化物量は少ないといっても、結構ありますよね。

 

自宅で食べる時にはシロップ少なめにすることをオススメします。

 

くれぐれもシロップでべちゃべちゃのかき氷にはしないでくださいね。

 

外でかき氷の屋台を見かけて、どうしても食べたくなってしまったときは他の食事で調整するしかありません。

 

最近、かき氷の専門店が流行っていて、1杯1,000円近いかき氷が出てきています。

 

そういう高いかき氷は、フルーツやシロップがたっぷりかかったものが多いので、糖質はかなり高いと思った方がいいです。

 

暑いとついつい食べたくなるかき氷ですが、食べるときはシロップの量に十分に注意して食べてくださいね。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-榑井 克也

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。