痩せる朝の過ごし方3選


  • LINEで送る
exercise

 

From:松井 幸

 

こんにちは。

 

女子大生ダイエッター、幸です。

 

あなたは休みの日は

何時に起きますか?

 

実は私、去年の年末は、

14時ごろに起きてしまいました><

 

起きたら1日の半分が終わってしまっていて、

何もやる気は出ないし、

ダイエットなんて

とてもじゃないけどしんどい…

 

そんな生活にメリハリを

持たせるために

 

2024年は

「朝活を頑張ってみるか!」と思い

年始から、朝活に取り組み、

今朝で5日目を迎えました。

 

朝活をしてみると、

1日のスタートダッシュを

気分よく切ることができ、

モチベーションを上げて

過ごすことができます。

 

例えば、

今日のランチは糖質の低いコレにして、

筋トレは脚痩せのコレにして…

 

と、朝からダイエットを意識して

効率的に毎日を送れている気がします。

 

そこで、今回は朝活をテーマに

「痩せる朝の過ごし方3選」

をご紹介します。

 

まず1つ目は…

 

①プロテインを飲む

 

朝食にプロテインを取り入れることはあなたの身体に様々な効果をもたらします。

 

テルアビブ大学で、肥満&糖尿ぎみの男女48人を対象にした実験が行われました。*1

 

実験では被験者に対して普段の朝食に加えてホエイプロテインを28g追加し、総たんぱく質42gの食事を摂ってもらいました。

 

その結果、以下のことが判明したそうです。

 

・食後血糖を軽減する 

・減量を達成し、食後の満腹感を高め、朝食とその後の食事後の空腹感を抑えるのに有効 

・大豆、魚、グルテン、卵、カゼイン等のたんぱく質源よりも、大きな食後血糖降下効果を発揮 

・BMI、ウエストサイズ、体重に良い結果をもたらす

 

これらの可能性が示唆されています。*1 

 

日頃、プロテインを飲んでいる場合も多いと思いますが、ぜひ朝食にも取り入れてみてください。

 

②ストレッチをする

 

体をほぐすストレッチは、朝の眠気を吹き飛ばし、1日をスタートさせるのに最適です。

 

そして、むくみが解消されるので、頭だけではなく体もスッキリします。

 

私も、起きてまずストレッチをすることで、眠い目をこすりながらダラダラと準備をする朝ではなく、気持ちと体がシャキッとして、時間に余裕のある朝になりました。

 

こちらはお腹周りに効くストレッチですが、しんどい動きもなく、これなら継続できそうです。

 

ストレッチは、気持ちいいだけではなく、しっかりとダイエット効果をもたらせてくれるのでオススメですよ。

 

③ランニングをする

 

在宅でお仕事をされているケースもあると思いますが、朝外に出て日光を浴びることで、身体を目覚めさせることができて、お仕事への集中度もアップできそうです。

 

朝の新鮮な空気を吸いながら軽いランニングをすることは、ダイエット効果はもちろんのこと、心地よい運動とリフレッシュ効果が期待できます。

 

そして、同じ30分のランニングをするなら、昼よりも朝に行う方がお得かもしれません。

 

テヘラン大学の論文によると、20〜45才の女性(BMI25〜30)の48人を対象に以下のような2つのグループに分け、6週間の経過をみる実験が行われました。*2

 

朝グループ:朝8〜10時に30分のランニング(朝食の前)

昼グループ:午後2〜4時に30分のランニング

 

その結果、6週間の間に、朝グループのカロリー消費量は昼グループよりも大幅に減少しました。*2

 

さらに、朝のグループでは、体重、BMI、腹囲に効果が見られました。

 

体重に悩む女性の食欲コントロール、カロリー摂取、体重減少に関しては、朝の有酸素運動が夜の運動よりも、効果的であるようです。 

 

朝のランニングにこのような痩せ効果があることにビックリですね。

 

昼・夜にランニングを行うのも、もちろんダイエット効果はありますが、より効果を求めたい方は早起きして朝走ってみるのもいいかもしれません。


 

というわけで、今日のメルマガでは「痩せる朝の過ごし方3選」をご紹介させていただきました。

 

早起きって、起きたときは眠くてしんどいですが、痩せやすい体づくりができるし、自律神経が整って心身ともに健やかになるので、やって損なしだと思っています。

 

最近体重の減りが停滞していてやる気が出ない人や、休みの日は寝て過ごしている人は、朝活を取り入れてダイエットのモチベを上げていきましょう!

 

活力に満ちた朝活があなたの1日を充実させ、目標に向かって更なる1歩を踏み出す力となるはずです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

- 松井 幸

 

早く結果を出したいなら…

24/7Workout精鋭プロトレーナーが厳選・開発!

こだわり抜いて作られたサプリメント・グッズ・レシピ本など、あなたのダイエットをサポートするアイテムが勢ぞろい!

詳しくはこちら

 

【引用文献・参考文献】

*1 JAKUBOWICZ, Daniela, et al. High-energy breakfast based on whey protein reduces body weight, postprandial glycemia and HbA1C in Type 2 diabetes. The Journal of nutritional biochemistry, 2017, 49: 1-7. 

 

*2 ALIZADEH, Z., et al. Comparison between the effect of 6 weeks of morning or evening aerobic exercise on appetite and anthropometric indices: a randomized controlled trial. Clinical obesity, 2017, 7.3: 157-165.