たったこれだけで怖いリバウンドは防げます

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

先日、大阪のUSJの人気ジェットコースターが停止したというニュースをあなたはご存知でしょうか?

 

地上約40メートルの位置でジェットコースターが異常を感知し、安全装置が働いて緊急停止したそうです。

 

停止したのはちょうどコースターが逆さまになったときで、乗客はなんと約30分間もの間、宙づりになったままだったのです。

 

このニュースを聞いたとき、僕はやっぱりジェットコースターは怖いなと思いました。

 

僕はジェットコースターに乗るのが苦手です。

 

速さとか、落ちる感覚が怖いとかいうわけではないんです。

 

今回のUSJの事故のように「万が一」のことが起こるのが怖いんです。

 

ジェットコースターで事故が起きる確率は車の交通事故と比べて40,000分の1といわれています。

 

なので、事故に遭う確率は極めて低いのですが、その低確率にあたることが怖くて仕方がないのです。

 

この感覚は特殊だと思うので、ちょっと共感しにくいかもしれませんね。

 

さて、怖いものといえば、ダイエッターが怖いものの一つとして、リバウンドが挙げられると思います。

 

リバウンドをしてしまう原因として、

 

1.ドカ食いしてしまう

 

2.気づかないうちに糖質を摂り過ぎてしまう

 

ということが考えられます。

 

いくら糖質コントロールと筋トレをして痩せにくい体を作っても、度を過ぎた食べ方をしてはさすがに太ってしまいます。

 

その対策として簡単な方法は

 

「糖質を気にかける」

 

ということです。

 

合計量を計算する必要はありません。

 

正確に糖質量を把握する必要もありません。

 

なんとなく、「この食事はこれくらいの糖質かな」と考えながら食べてください。

 

それだけで、食べ過ぎや糖質の摂り過ぎをある程度防ぐことができます。

 

また、この方法は「ダイエットをなかなか始められない」という場合にも有効です。

 

どうしても本格的なダイエットが始められないという場合は、

 

「コンビニなどで食品を買うときに成分表を見る」

 

ということから始めてみるといいでしょう。

 

いきなり糖質量を見るわけではなく、成分表を見るクセをつけるのです。

 

始めはただ見ているだけでも、段々と糖質の低いものを選ぶようになって、ダイエットを始めやすくなりますよ。

 

ちなみに成分表に糖質が書いていないときは【糖質=炭水化物-食物繊維】で計算できますので、慣れてきたら試してみてくださいね。

 

今回は「怖いリバウンドを防ぐ方法」についてお伝えしました。

 

ただ、この方法では「怖いジェットコースターに乗る」ことができそうにないのが残念です(笑)。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。