食べる順番を変えるだけのダイエット

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
食べる順番ダイエットを今日から実践するための方法と注意点について

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

突然ですが、あなたは好きなものを先に食べるタイプですか?

 

それとも後に食べるタイプですか?

 

僕は後に食べるタイプです。

 

なぜかというと、食べた後に余韻(よいん)を残したいからです。

 

好きなものを後に食べると、「美味しいものを食べたなあ」という気持ちがしばらく続きます。

 

反対に、苦手なものを後に食べると、その苦手なものの味が一定時間つきまといます。

 

僕はこの感覚がどうしてもダメなのです。

 

たまに、

 

「食べてるときになにかあったときどうするの?」

 

と聞かれるときがあります。

 

その場合は急いで口にかきこんでなんとしてでも好きなものを食べてみせます。

 

食いっぱぐれなんてしませんよ(笑)

 

ところで、食べる順番を変えるだけで、ダイエットができるのをあなたは知っていますか?

 

ただ食べる順番を意識するだけで、太りにくくなるのです。

 

ということで今回は、

 

「食べる順番ダイエットの方法」

 

をお伝えしていきます。

 

「なぜ食べる順番を意識するとダイエットになるのか」

についてもお伝えしますので、ぜひ最後までお読みくださいね。

 

ではまず、食べる順番ダイエットの方法です。

 

食べる順番ダイエットの方法は簡単です。

 

食事をするときに、食べる順番を次のようにするだけです。

 

野菜(食物繊維)

 

 

たんぱく質

 

 

炭水化物(糖質)

 

この順番で食べるだけで、毎回の食事がダイエットになります。

 

軽く例を挙げると、まずサラダを食べて、その次にお肉や魚を食べる。

 

そのあとパンやご飯を食べるという感じです。

 

先ほど、僕は好きなものを後に食べるといいましたが、ダイエットをするときだけはきちんと守っています。

 

ダイエットは自分の気持ちをコントロールすることが大切ですからね。

 

では、野菜から食べることで、なぜダイエットができるのかについてお伝えします。

 

その理由は野菜から食べることで、

 

「血糖値の上昇を抑える効果が期待できる」

 

からです。

 

僕たちの体は糖質を摂取すると、血糖値が上昇します。

 

血糖値が上昇すると、体内でインスリンが分泌されます。

 

インスリンは体のエネルギーとなるブドウ糖を筋肉や肝臓に運ぶ役割を持っています。

 

ですが、糖質を摂り過ぎてしまうと、ブドウ糖を筋肉や肝臓に貯めておくことができなくななってしまいます。

 

インスリンはこの使いきれなかったブドウ糖を脂肪に変えて蓄える働きや、脂肪が合成されるのを促進する作用も持っているため、結果的に太りやすくなるのです。

 

なので、ダイエットをするときは血糖値の上昇を抑えることが大事になります。

 

そこで「野菜」の出番です。

 

野菜に含まれる食物繊維には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

最初に野菜を食べることで、インスリンの分泌を抑え、余ったブドウ糖が脂肪として体に貯まることを防ぐことができるのです。

 

今回は「食べる順番ダイエットの方法」と「その方法で痩せられる理由」についてお伝えしました。

 

食べる順番を変えるダイエットはすぐに実践できるので、まだやっていないという場合はぜひとも試してほしいダイエット方法です。

 

ただ、いくら太りにくい食べ方をしていても、食べ過ぎたらやっぱり太ってしまいますので、十分注意してくださいね。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。