プールで簡単&効果的なダイエット!

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

気温が高くなってくると、冷たい水を浴びたくなりますよね。

 

「夏には必ずプールに行くよ」という場合もあるのではないでしょうか?

 

プールで泳ぐのは楽しいですが、消費するエネルギーが多いことでも知られています。

 

ダイエットにも使えそうですよね。

 

ということで今回は、

「プールで簡単&効果的なダイエット」

についてお伝えしたいと思います。

 

プールでやるといっても、今回お伝えするのは泳ぐ方法ではありません。

 

なぜなら、僕が泳ぐのが苦手だからです!

 

小さい頃、スイミングスクールに通ってはいたものの、どうしてもうまく泳げるようになりませんでした。

 

水を飲んで苦しくなるのがイヤで、学校の授業を何度も休んだ思い出があります。

 

 

そういう理由もありまして、今回はプールを「泳ぐ」のではなく、プールを「歩く」ダイエットをオススメしたいと思います。

 

泳ぐほどではありませんが、水中でのウォーキングは陸地でのウォーキングの約2倍の効果があるといわれています。

 

また、陸地でやるよりも足にかかる負担が少ないため、バランスよく筋肉をつけることができます。

 

僕と同じように泳ぐのが苦手な人でもできるのがいいですね。

 

 

やり方は簡単で、プールの中を1時間程度歩くだけです。

 

水深は大体おへそのあたりまであるといいですね。

 

慣れないうちは一気にやるとキツいので、適度に休憩を取りながら歩きましょう。

 

 

このようにプールでのウォーキングは簡単にできる運動ですが、3つほど注意点があるのでお伝えします。

 

1.プールに入る前にはストレッチをする

 

プールでのウォーキングは見た目以上に激しい運動なので、プールに入る前にしっかりとストレッチをしておきましょう。

 

ストレッチをしておくと、さらにケガをしにくくなりますし、体も動かしやすくなります。

 

終わったあとの体の疲れも感じにくくなるので、ストレッチは欠かさずに行いましょう。

 

 

2.食後すぐにはプールに入らない

 

ウォーキングをするタイミングは食後がいいのですが、食事をしてすぐに運動をすると内臓に負担がかかってしまいます。

 

消化不良なども起こしやすくなりますので、食事をしてから少なくとも30分は空けるようにしましょう。

 

 

3.体の冷えに気をつける

 

慣れないうちは休憩を取りながら行うといいとお伝えしましたが、長い時間水中で立ち止まっていると体が冷えてしまいます。

 

体が冷えてしまうと、運動によって始まった脂肪の燃焼が止まってしまい、ウォーキングの効果が落ちてしまいます。

 

なので、休憩をするときはプールから出て、タオルなどを使って体を温めるようにしましょう。

 

 

プールでのウォーキングは競走馬のトレーニングとしても使われています。

 

やはりできるだけ体に負担にかけたくないときなどに行うことが多いようです。

 

 

暑い夏は水が冷たくて気持ちよく、体への負担も少ないプールでのウォーキングを試してみてはいかがでしょうか?

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)