血液型でダイエット方法が違う?

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

いよいよ本格的に暑くなってきましたね。

 

暑くなってくると、水分補給や紫外線などの心配事が増えてくるかと思います。

 

その中でも僕が特に気にしているのは、

 

「蚊」

 

です。

 

僕はなぜか昔から「蚊」に刺されやすく、夏に出かけるときは虫よけスプレーが欠かせません。

 

一説によると、蚊に刺されやすさは血液型が関係しているといわれています。

 

「O>B>AB>A」

 

というように、

O型が一番刺されやすく、

A型が一番刺されにくい

らしいのです。

 

ちなみに僕はA型です。

 

…あれ、A型は刺されにくい

はずなのにおかしいですね(苦笑)

 

まあ、血液型に関しては科学的根拠が少ないようなのでなんとも言えないですね。

 

さて、血液型といえば、

血液型によって「太りやすい食べ物」と「太りにくい食べ物」がある

といわれているのを知っていますか?

 

これはアメリカの自然療法医であるピーター・J・ダダモ博士という人が発見した法則だそうです。

 

ダダモ博士によれば、血液型によって民族のルーツが違い、食材との相性があるのだそうです。

 

本当かどうかは判断が微妙なところですが、面白そうなのでちょっとご紹介したいと思います。

 

それでは、血液型別に見ていきましょう。

 

 

A型

 

ダダモ博士によると、A型のルーツは「農耕民族」だそうです。

 

農耕民族は主に穀物や野菜を食べていたといわれていますよね。

 

なので、穀物や野菜と相性が良く、食べても太りにくいということです。

 

反対に肉類や乳製品は相性が悪く、これらを消化しにくい体質なので太りやすいというのです。

 

 

B型

 

B型のルーツは「遊牧民族」だそうです。

 

遊牧民族は干し肉や乳製品などの保存食を中心に食べていたため、消化能力や免疫力が高いといわれています。

 

つまり、いろいろな食材に適応できる体質を持っており、特に乳製品とは相性がかなり良いようです。

 

ただし例外として、肉類の中では鶏肉、魚介類の中では甲殻類、他にも油を多く含むものなどは相性が悪く、食べると太りやすい食材なので注意が必要です。

 

O型

 

実は世界で最も多いといわれているのがこのO型です。

 

ルーツは「狩猟民族」だといわれています。

 

「狩猟民族」ということで、肉類との相性は抜群で、O型が食べても太りにくい食材です。

 

その代わり、穀類や加工された食品などは体質に合わず、食べると太りやすくなっているようです。

 

野菜や乳製品中心のダイエットは相性が悪いということですね。

 

AB型

 

AB型はA型とB型の両方の性質を持っています。

 

「農耕民族」と「遊牧民族」の二つの特徴を持ち合わせているということです。

 

AB型は穀物や野菜、乳製品などと相性が良く、肉類などを消化するのが苦手となっています。

 

大豆製品や野菜などを積極的に摂るダイエットが向いているようです。

 

 

以上がダダモ博士による血液型別の食材の相性です。

 

これが本当に正しいかというのは分かりませんが、ストーリー性があって面白い発想だなと思います。

 

「糖質コントロール」と「筋トレ」でのダイエットを推奨している僕たちとしては、「ぜひこの血液型別ダイエットをやりましょう!」とは言えません。

 

なので、こういう一風変わった考え方もあるのだと頭にとどめていただければと思います。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。