連休中に食べ過ぎた分をリセットする方法

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

9月ももうすぐ終わりですね。

 

今月は三連休が二度もあって、どこかにお出かけされた場合もあるのではないでしょうか。

 

連休中といえば、油断してつい美味しいものを食べてしまいがちです。

 

僕も先日、デニーズの秋の味覚メニューに乗せられてつい食べ過ぎてしまいました。

 

1日も欠かさずダイエットを意識した食生活を送るのって難しいですよね。

 

そこで、今回は

「連休中に食べ過ぎた分をリセット方法」

をお伝えしたいと思います。

 

まず、食べ過ぎてしまったときに考えていただきたいのは「気にしすぎないこと」です。

 

食べ過ぎてしまったからといってすぐに太ってしまうわけではありません。

 

後ろめたい気持ちを持ってストレスが溜まってしまうと、ドカ食いにつながる可能性もあります。

 

「食べ過ぎた分はリセットすることができる」ので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

それでは食べ過ぎた分をリセットする方法をお伝えしていきます。

 

1.翌日の朝食を抜かない

 

1番やってしまいがちなのは、次の日の朝食を抜いてしまうことです。

 

「食い溜めしたから食べなくても大丈夫」と思ってしまう場合もあるかもしれませんが、食事を抜くのはダイエットによくありません。

 

このメルマガで度々お伝えしていますが、食事を抜いて空腹の時間が増えてしまうと、体が軽い飢餓状態になっていると錯覚します。

 

すると、次の食事を摂ったときに体はより多くのエネルギーを体脂肪として蓄えようとしてしまうのです。

 

つまり、太りやすい体になってしまうんですね。

 

ですから、食べ過ぎてしまった次の日も、朝食はしっかりと取るようにしましょう。

 

2.白湯(さゆ)を飲む

 

白湯とは、何も入れていない水を沸騰させたもののことです。

 

沸騰したお湯を50℃前後まで冷まして飲むことで、胃腸を温め、食べ物の消化をよくすることができます。

 

また、温かい白湯を飲むことで体が温まるので、基礎代謝の向上も期待できるのです。

 

白湯の効果や作り方はこちらの記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

白湯ダイエットが効果のある3つ理由と正しい飲み方と作り方

 

3.活動量を少し上げる

 

食べ過ぎてしまった分をリセットするために、1日の活動量を少し上げてみましょう。

 

日常生活に追加しやすい運動といえば、「階段の上り下り」ではないでしょうか。

 

通勤・通学で駅を使うのであれば、エスカレーターを使わず階段の方に足を向けるといいですね。

 

もし、通勤・通学で駅を使わないのであれば、歩道橋や会社・学校などの階段を利用するのも効果的です。

 

ただ、あまり頑張り過ぎてしまうと、疲れてしまって日常生活に影響が出てしまうこともあります。

 

あくまでも「いつもより少し運動量を上げる」程度にしておきましょう。

 

 

秋になると、美味しいものが増えてきて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

今回お伝えした方法で、ある程度はリセットすることができますが、何度も食べ過ぎてしまうと、さすがに太ってしまいます。

 

食べ過ぎには十分に注意して、ダイエットを続けていきましょう。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)