ダイエット中でもアイスを楽しむ3つのコツ

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

秋になってどんどん気温が下がってきましたね。

 

すでに冬服の準備始めたという場合もあるのではないでしょうか。

 

こういう寒い時期になると、僕はなぜかアイス食べたくなります。

 

もちろん夏に食べても美味しいのですが、秋冬に食べるアイスもなかなか美味しいんですよね。

 

でも、甘いアイスはやはり普通に食べてしまうと、太る原因になってしまいます。

 

ということで今回は、

「ダイエット中でもアイスを楽しむ3つのコツ」

についてお伝えしたいと思います。

 

1.食べるタイミングに気をつける

 

起床後30分以内に摂取した糖質は筋肉内に運ばれやすく、1日の運動エネルギーになります。

 

そのため、糖質が高めのアイスでも、起床後30分以内に食べれば太りにくいです。

 

でも、「朝からアイスを食べるのはあまり…」「もっと他の時間に食べたい…」という場合もありますよね。

 

そういう場合は、間食として食べるようにしましょう。

 

このメルマガで度々お伝えしていますが、ダイエットのためには空腹時間を長くしないことが大事です。

 

空腹が長く続くと、脳が飢餓状態だと判断し、体の栄養吸収が激しい状態になります。

 

この状態で食事を摂ると、血糖値が上がりやすくなり、血中の糖が脂肪に変わりやすくなるのです。

 

つまり、太りやすくなってしまうんですね。

 

胃腸が食事を消化するのは4~5時間と言われていて、それ以上間隔が空いてしまう場合は間食を摂ることをオススメしています。

 

つまり、アイスもそのときに食べるのがいいですね。

 

2.アイスを食べたあとに温かい飲み物を飲む

 

アイスを食べると身体が冷え、内臓体温が下がってしまいます。

 

内臓体温が低くなると、内臓機能が落ちてしまい、体内に溜まった老廃物や不純物が体外に排出されにくくなってしまいます。

 

さらに基礎代謝も落ちてしまうので、温かい飲み物を飲むことで身体を温めて、エネルギーの消費量を上げるようにしましょう。

 

飲むものは糖質の低い白湯やお茶、ブラックのホットコーヒーなどがオススメです。

 

また、温かいものを摂取すると、満腹中枢が刺激されるため、「もう1個食べたい!」という気持ちを抑えてくれます。

 

食べ過ぎの防止にもつながるということですね。

 

3.一度に食べる量を少なめにする

 

普通のアイスは100gあたりの糖質量が20gほどあるので、1個丸ごと食べてしまうと、太りやすくなってしまいます。

 

・通常のカップより小さいミニサイズを選んで食べる

・大容量のカップを買って複数に分けて器に移して食べる

 

などの工夫をして、1回に食べる量を減らすことで、少しでも糖質摂取量を抑えるようにしましょう。

 

また、元々糖質低めのアイスを選ぶこともポイントです。

 

コンビニやスーパーで買うことができる「グリコのSUNAOシリーズ」は以下のように1個あたりの糖質が10g以下で食べることができるのでオススメですよ。

 

■ソフトクリー

 

・バニラソフト:糖質9.3g

・抹茶ソフト:糖質8.8g

 

■モナカ

 

・チョコモナカ:糖質9.9g

■カップアイス

 

・バニラ:糖質7.6g

・チョコクランチ:糖質8.1g

・ラムレーズン:糖質8.3g

 

甘くて美味しいアイスは夏だけでなく、秋冬でも食べたいと思うことが多い食べ物です。

 

ですが、なにも考えずに食べてしまうと、糖質の摂り過ぎで太ってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

今回お伝えした方法を参考にして、ダイエット中でもアイスを堪能しちゃいましょう。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)