硬水と軟水はどっちがダイエット向き?

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

僕はよくコンビニのアイスコーヒーを飲むのですが、飲み終わってもしばらくは容器を捨てません。

 

というのも、残った氷が解けて水になったものをちびちび飲んでいるからです。

 

特に理由はないのですが、なんとなく癖になって毎回やってしまうんですよね。

 

水といえば、ダイエットのために水を飲むという場合も多いのではないでしょうか。

 

でも、一言で水といっても、「硬水」「軟水」2種類があるのをご存知ですか?

 

今回は、「硬水と軟水の違い」「どちらがダイエットに向いているのか」ということについてお伝えします。

 

硬水と軟水は文字通り「硬度」が違います。

 

硬度というのは、1リットルあたりのカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分含有量のことです。

 

WHO(世界保健機関)が定めている基準では、

 

「硬度120mg未満が軟水」

 

「硬度120mg以上が硬水」

 

とされています。

 

日本の水道水は地域によって硬度が異なりますが、多くは軟水に分類されています。

 

なので、日本人にとって飲みやすいのは軟水ということですね。

 

ですが、ダイエットという観点からみると、向いているのは硬水の方です

 

その理由を3つお伝えします。

 

1.便秘解消効果が期待できる

 

硬水に多く含まれるマグネシウムは腸内の水分を増やしてくれるので、便通がよくなります

 

ダイエット中は食事量が減りがちで、便秘になりやすい場合があるので、硬水を飲むことで解消しやすくなります。

 

2.代謝低下を防ぐ

 

ダイエット中は食生活が偏りがちになり、ミネラルが不足しやすくなります。

 

ミネラルが不足すると、代謝が落ち、痩せにくくなってしまいます。

 

ミネラルを多く含む硬水を飲むことで、代謝低下を防ぐことにつながるのです。

 

3.脂肪の吸収を抑える

 

硬水にはカルシウムも多く含まれています。

 

カルシウムは骨を作る成分として知られていますが、脂肪の吸収を抑える効果もあるといわれているのです。

 

このように、硬水はいいところだらけのように思えますが、注意すべき点もあります。

 

・飲み慣れていないので、胃腸に負担がかかりやすい。

 

・便通が良くなるので、普通の人は下痢になりやすい。

 

・独特な味がするので、不味いと感じる可能性がある。

 

身体に合わない場合もあるので、硬水を試す場合は硬度の低い水から始めるといいですね。

 

スーパーやコンビニで買える「evian」は比較的硬度が低いのでオススメです。

 

また、ダイエットに効果があると思ってたくさん飲んでしまう場合もあると思いますが、飲み過ぎるのもよくありません。

 

水を飲み過ぎると、「低ナトリウム血症」という状態になり、身体に異常をきたす場合もあります。

 

1日の水分摂取量の目安は「約2.5リットル」と言われ、このうち食事からの水分摂取量は「約1.3リットル」です。

 

つまり、残りの1.2リットルを飲み物から摂ることになりますが、これを大きく越えないようにしましょう。

 

ただし、お医者さんやトレーナーさんから、直接指導を受けている場合はそちらに従うようにしてくださいね。

 

お水を使ったダイエットは誰でも簡単にできるので、考えなしにやってしまいがちです。

 

ですが、間違った方法でやってしまうと、身体に変調をきたす場合もあるので十分に注意しましょう。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)