糖質コントロール中でも食べられるお餅

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:森雅之

 

こんにちは。

 

森です。

 

もうすぐ今年も終わりですね。

 

年越しの準備はできたでしょうか。

 

大掃除などをしっかり済ませて新しい年に備えてくださいね。

 

さて、新年といえば、お雑煮を食べることが多いと思います。

 

僕はお雑煮を食べると、「お正月だなあ…」と実感します。

 

でも、お餅はお米なので、糖質が高いですよね。

 

一般的なお餅の100gあたりの糖質量はなんと約50gもあります。

 

これだけ糖質が高いと、糖質コントロール中に食べるのはちょっと難しいです。

 

でも、お正月だし、「やっぱりお餅が食べたい」ということもあると思います。

 

ということで今回は「糖質コントロール中でも食べられるお餅」をご紹介します。

 

糖質コントロール中でも食べられるお餅、それはズバリ「おから餅」です。

 

おから餅はお餅の代わりにおから・片栗粉・牛乳を使って作るお餅です。

 

2年くらい前に、フジテレビの「その原因、Xにあり!」という番組で紹介されました。

 

<材料>

生おから:100g

牛乳:100cc

片栗粉:大さじ5~6杯

 

<作り方>

1.おから・片栗粉・牛乳をよく混ぜ合わせます。

 

2.しっとりしてきたら切り分けて適当な形に成形します。

 

3.油をひいたフライパンで両面がきつね色になるまで焼きます。

 

これだけで出来上がりです。

 

このおから餅の100gあたりの糖質量は約18gです。

 

このくらいなら、糖質コントロール中でもなんとか食べることができますね。

 

番組では、お雑煮に入れる方法を紹介していたので、興味があればぜひ試してください。

 

それでも糖質が高い…と思う場合は、さらに糖質を抑えたおから餅も作れます。

 

それはサイリウム(オオバコ)を使う方法です。

 

<材料>

おからパウダー:20g

サイリウム:10g

水:200cc

 

これらの材料をよく混ぜて、電子レンジ(500W)で5分ほど温めれば出来上がりです。

 

サイリウムの約90%は食物繊維ということもあり、このおから餅の糖質量は約1.2gほどなので、糖質コントロール中でも気軽に食べることができます。

 

これだけ糖質量が低いので、きな粉をまぶしたり、醤油につけたりしてアレンジしてみるのもいいですね。

 

あんこなどの高糖質なものはさすがにダメですが、いろいろな味付けを試してみるのも面白いかもしれません。

 

もし、「これは間違いない!」という味付けが見つかったら、ぜひ教えてくださいね。

 

毎年、お正月には必ずお餅を食べるという場合も多いと思います。

 

ですが、お餅は1個食べただけでも、ほぼ1日の糖質摂取目安量に達してしまいます。

 

お正月にお餅を食べれないのはちょっと…という場合には、今回お伝えした「おから餅」を食べてみてくださいね。

 

それではまた。

 

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

-森雅之

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。