脂肪増加を抑制するフルーツの正体


  • LINEで送る

From:渡邊 麟太郎

 

こんにちは

 

渡邊です。

 

あなたはダイエット中にフルーツを食べたいと思ったことはありませんか?

 

「フルーツは糖質が高くてダイエット中には適さないんじゃないの?」

 

なんて思っている場合もあるのではないでしょうか。

 

でも、フルーツの中には100g当たりの糖質が10g以下で

 

・脂肪増加の抑制

・アンチエイジング効果

 

という効果が見込まれるものもあります。

 

どんなフルーツかというと…

 

ブルーベリーです。

 

ブルーベリーに含まれている「アントシアニン」という成分が、『脂肪増加の抑制と血糖値の上昇を抑制する効果がある』とフィンランド大学の実験でわかっています。※

 

ダイエッターにとってはかなり嬉しい話ではないでしょうか。

 

もちろんブルーベリーを食べるだけで痩せるわけではないので、運動と食事の管理も必ず行ってくださいね。

 

次に、ブルーベリーの効果でわかっているのはアンチエイジング効果です。

 

ブルーベリーには高い抗酸化力があります。

 

アンチエイジングに詳しい場合、「身体がサビつく」なんてフレーズを聞いたことありませんか?

 

呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部は、活性酸素となります。

 

活性酸素は微量であれば、感染防御などの人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると老化の原因になる過酸化脂質を作り出してしまいます。※

 

この活性酸素の産生を抑制したり、生じたダメージの修復を促す働きを抗酸化力といいます。

 

ブリヤムヤング大学の研究では、3週間に渡ってブルーベリーを75g摂取し続けると身体の抗酸化能力が上がったという結果が得られたそうです。※

 

そして、なんとブルーベリーにはDNAの修復効果まであります。※

 

DNAは全身の60兆個にも及ぶすべての細胞に存在し、DNAの情報に基づいて体の細胞、器官、臓器が作られていくため「体の設計図」とも表現されます。※

 

このDNAは老化にも関わっており、紫外線、タバコ、化学物質、活性酸素など様々な要因によって損傷してしまいます。

 

アパラチアン大学の研究では、25gのブルーベリーを6週間摂り続けると、心疾患者のDNAダメージが13%修復されたという論文がありました。※

 

このようにブルーベリーにはダイエットだけでなく、アンチエイジング効果まで認められています。

 

ぜひ、朝食や間食で食べてみてはいかがでしょうか?

 

というわけで、今日のメルマガでは「ブルーベリー」についてご紹介させてしました。

 

ちなみに自分は最近amazonで2kgほど買って、ヨーグルトと一緒に毎日食べています。

 

糖質量は100g当たり9.6gなのでダイエット中でも安心して食べられますよ。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【80,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

【引用文献・参考文献】

 

 US Highbush Blueberry Council  ※1

https://usblueberry.jp/health/

 

Consumption of blueberries with a high-carbohydrate, low-fat breakfast decreases postprandial serum markers of oxidation. ※2

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22935321

 

活性酸素と酸化ストレス ※3

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-003.html

 

Blueberries improve biomarkers of cardiometabolic function in participants with metabolic syndrome—results from a 6-month, double-blind, randomized controlled trial ※4

https://academic.oup.com/ajcn/article/109/6/1535/5499342?searchresult=1

 

DNA損傷と修復 ※5

https://www.env.go.jp/chemi/rhm/h29kisoshiryo/h29kiso-03-02-02.html

 

遺 伝子・DNA特集楽しく学ぶ遺伝子検査 ※6

https://mycode.jp/dna/dna-quick-description.html

 

Wild blueberries (Vaccinium myrtillus) alleviate inflammation and hypertension associated with developing obesity in mice fed with a high-fat diet. ※7

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25501421

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約80,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。