あなたはかき氷を目で食べている?食欲セーブの秘密

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:渡邊 麟太郎

 

こんにちは

 

渡邊です。

 

突然ですが、「かき氷」はお好きですか?

 

僕は大好きです。

 

なんで季節外れのかき氷を話題に出すのかというと、「食欲をセーブする方法」に関係があるからです。

 

かき氷ってたくさん種類があります。

 

ブルーハワイとかメロンとかいろいろありますよね。

 

でも実はみんな同じ味だって知っていましたか?

 

僕はこの事実を知ったとき軽くショックを受けたんですが、実際に調査をしたデータがあるんです。

 

味覚センサーを導入しているAISSYという会社があります。

 

この会社がイチゴメロン、ブルーハワイを分析しました。

 

すると3種類ともデータ上は「全て同じ味」だったという結果が出ました。

 

3種のかき氷が同じ味なんてなんとも不思議な感じです。

 

今回はこのかき氷の味の分析を手がかりに、「目の働きを使った食欲をセーブする方法」を紹介させていただきます。

 

僕たちが外部から情報を得るには、目で見たり、耳で聞いたり、鼻でかいだり、手で触ったり、舌で味わったりと五感を使いますよね。

 

この五感から得る情報は平等ではないという話があります。

 

五感による知覚の割合に関する研究によると、僕たちが五感から得る情報の割合は「味覚1.0%、触覚 1.5%、臭覚 3.5%、聴覚 11.0%、視覚 83.0%」だそうです。

 

目から得る情報が一番多くて、舌から得る情報が一番少ない、ということだそうです。

 

このことから、人間は食べ物を判断する時は、視覚、つまり目からの情報を重視している可能性があります。

 

先ほどのかき氷の話で食べ物と視覚のつながりをお分かり頂けたと思います。

 

食べ物と視覚のつながりを応用すると、目に訴えかける事で食欲をセーブして、「たべたい~」っていう気持ちを上手くコントロールしていくことができるかもしれません。

 

ここで注目したいのが、ダイエットに有効な色は「青」という説です。

 

文教女子大学の研究グループが次のような実験をしました。

 

実験では、濃さの違う何種類かの青色のお皿に、料理を盛りつけた写真を被検者に見せました。

 

そして「どのくらい食欲を感じたか」を被検者に質問したのです。

 

その実験によると、「うす青い皿の食器は食欲を減退させる。」という結果が出ています。

 

普段から青い皿を使うだけで食欲をセーブできるようになる可能性があるってことですね。

 

あなたがもし、自分の意志だけで食欲をコントロールするのに苦労しているなら、意志だけに頼らず、こうしたテクニックを利用してみるとラクになるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

 

いきなり今使っているお皿を、全部うすい青色のものに変えたりするのは、難しいかもしれません。

 

ただ、次にもし食器を買い替えるチャンスがあったら、ぜひ今日の僕の話を思い出して、薄いブルーのお皿を候補にしてみてください。

 

それではまた。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

ー渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上が成功した2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)