通勤中にダイエット?!

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:渡邊 麟太郎

 

こんにちは渡邊です。

 

名古屋から東京に引っ越してくる前は「やっぱり東京の朝の通勤ラッシュってギュウギュウなのかな~」

って思ってました。

 

引っ越してみると自分の使っている路線はそこまでギュウギュウじゃなかったのでホッと胸をなでおろしております。

 

意外と手持無沙汰になってしまったので電車の中でスマホでゲームをしたり音楽を聴いたりしていました。

 

でもある時に「この時間を有効活用できないか?」って思ったんですよね。

 

ぼくは往復で2時間ほど通勤時間に使っているので年間にすると730時間ほどになります。

 

ちりも積もれば山となると言いますが、このスキマ時間をボディメイクに有効活用したいと考えました。

 

そこで、今回はついつい手持無沙汰になってしまいがちな

「通勤・通学中に出来るダイエット」

というテーマでお伝えします。

 

通勤・通学中がダイエットの時間になる?!

 

朝起きてから、会社や学校の身支度を整えます。

 

そこから仕事や勉強をして、帰宅して夕食を食べたり、毎日忙しく生活している現代人は、

一日の間で使える時間は限られています。

 

その中で通勤・通学中は使い方次第でとても有意義な時間になります。

 

普段の中の習慣をちょっぴり変えるだけですので、取り入れやすいと思いますよ。

 

通勤中ダイエット4選

 

できる限り階段を使う

 

普段、エレベーターやエスカレーターを使っている場合は階段を使うと良いでしょう。

 

階段の上りは平らな場所を歩く時の3倍の運動量になると言われています。

 

仮に一日トータルで階段の昇降を15分取り入れるだけでも、毎日ジョギングを15分しているのと同じ効果があるようです。

 

積極的に階段を使っていきたいですね。

 

・座っている時に1cm足を浮かす

 

座った状態で、両足をそろえてゆっくりと1cm程、床から離します。

 

そこからおなかを意識しながら20秒ほど止まってみましょう。

 

インターバルで1回から3回ほど繰り返してみると、結構キツくて腹筋に効いてる感じがします笑 

 

通勤・通学の電車の中以外にもやデスクワーク中にもできるので気楽に取り入れてみてください。

 

つま先立ちをする

 

ふくらはぎは血液のポンプの役割を担っています。

 

つま先立ちによってふくらはぎの筋肉の血管が刺激されて、血行が良くなります。

 

その結果、酸素の供給が体内でスムーズに行われるため、脂肪燃焼効果が高まり、カロリーの消費が促進されるという具合です。

 

ドローインをする

 

ドローインとは簡単に言うと「お腹をひっこめる」動作です。

 

腹筋が引き締まると共に、体幹も鍛えられるので、姿勢や猫背を良くしたい場合にも役立ちます。

 

やり方としては、足を肩幅ぐらいに軽く開いて、胸を張り、スッと背筋を伸ばし、その状態をキープしつつ、ゆっくりと息を吐きながら下腹部からお腹をへこませていきます。

 

そしてお腹がへこんでいる状態を10秒~30秒キープするという具合です。

 

注意点としては、腹筋を動かすので消化の関係上、食後すぐにはやらないように気を付けてください。

 

慣れないうちは、すぐにダイエット効果を感じることができず、

途中でやめてしまいそうになるかもしれません。

 

ですが、「ちりも積もれば山となる」と言います。

 

スキマ時間を上手に使って効率的にボディメイクしていきたいですね。

 

それではまた。

 

ありがとうございました。

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。