マヨネーズの秘密

公開日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは渡邊です。

 

突然ですが、昔から僕はマヨネーズが大好きです。

 

1990年代の後半から、2000年代の初頭にかけて放映された「サタ☆スマ」という番組がありました。

そこで女装した香取慎吾さんがマヨネーズを「マヨチュチュ!」とチューブごとを吸っている姿をみて、幼い僕はマネをしていたものです。

※絶対にマネをしてはいけません。

 

カレーにもかけていたし、とんかつにもグラタンにもマヨネーズをたくさんかけていました。

そうしているうちにどんどん太っていって気づいたらぽっちゃり体型になっていました。

そんな経験からマヨネーズ=太る調味料という思い込みが出来上がっていたのですが、糖質コントロールを実践していくうちに

「マヨネーズはダイエット向けの調味料」

という事がわかりました。

 

その理由としては、、

 

 

マヨネーズは実は低糖質!?

 

マヨネーズは低糖質な食べ物だとわかったからです。

キューピーのホームページを確認したところ、なんと大さじ一杯(15g)当たりの糖質量は約0.1gです。

 

主に卵を原料としているため、意外に糖質は少ないんですよね。

 

例えば、サラダに調味料をかける時も和風ドレッシングの方がイメージ的に良さそうですが、糖質オフのタイプを選ばないかぎりはマヨネーズの方が糖質は低いのです。

 

余談ですが、ドレッシングの選び方に関しては、以前榑井が紹介していたこちらの記事がわかりやすくまとまっています。

 

https://247dieter.com/kurei0221/

 

マヨネーズの材料と特徴は?

 

マヨネーズの材料は

 

・卵

・塩

・酢

・油

 

これがベーシックな材料になっています。

 

次にマヨネーズの栄養をみていきましょう。

 

キューピーのホームページによると

 

大さじ一杯(15g)あたり

たんぱく質0.4g:

脂質:11.2g

炭水化物:0.1g

食塩相当量:0.3g

 

このようになっています。

 

脂質が高いですね。

 

マヨネーズの原料になる卵には、卵白も含めた「全卵=卵」と「卵黄」のみを使用しているものがあります。

 

全卵を使用しているマヨネーズは卵白が含まれる分、少しさっぱりした味わいになります。

一方で「卵黄」のみのマヨネーズはコクがあり濃厚な味わいを楽しめます。

 

マヨネーズを摂る時の注意点

 

キューピーのホームページを確認したところマヨネーズのカロリーは大さじ一杯(15g)当たり100kcalです。

 

たった大さじ一杯でこれだけのカロリーなので、たくさんかけると太ってしまいます。

 

糖質がいくら少なくても、カロリーオーバーになれば太る原因になりますので、注意してください。

 

 

マヨネーズ好きにとっては糖質コントロール中にマヨネーズを使ってもいい、というだけで嬉しいのではないでしょうか。

 

マヨネーズは糖質が少ないため、うまく食事に取り入れることであなたのダイエットの味方になります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは、また。

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

 

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。