ダイエットして逆に太ってしまう人の特徴3つ


  • LINEで送る

From:渡邊 麟太郎

 

「とにかく見た目が細くなればいいっしょ!」

 

昔はこんな風に考えてた渡邊です。

 

あなたはリバウンドの経験はありますか?

(僕はあります)

 

食べないダイエットを一時期やっていたことがありましたが、

 

筋肉や体力がかなり低下してかなり不健康になりました。

 

階段の上り下りレベルで息切れ起こすし…

 

無理な食事制限の反動でドカ食いをしてしまって結局意味がなかったし…

 

マジで失敗しましたね。

 

過去の僕のようにダイエットをしている人の中には、一時的には痩せられても長い目で見た時、リバウンドしてしまう…

 

こんな状況に知らず知らずのうちに陥っている人がいます。

 

そこで今日のメルマガではダイエットして逆に太ってしまう人の特徴をご紹介します。

 

自分が当てはまっていないか、ぜひチェックしていただければと思います。

 

まず一つ目は…

 

食事を抜いている

 

冒頭でお伝えしたようにダイエットをしている人の中には(過去の僕のように)、食べないダイエットをしている人もいます。

 

しかし、24/7Workoutではこれを推奨せず「しっかり三食食べて痩せるダイエット」をオススメしています。

 

食事回数が少ないとその分空腹の時間も長くなります。

 

空腹の状態で食事をすると脂肪を溜め込むインスリンが出るので、太る原因にもつながります。

 

食事回数が少ない場合は1日分の食事量は変えず、回数を増やしてみてください。

 

そうすることで空腹時間が減り、食事時の血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

また、食事をすることによってカラダは熱を発生させます。

 

このことを食事誘発性熱産生(DIT)といいます。

 

食事をすると「なんだかカラダがぽかぽかしてきた!」なんてことはありませんでしたか?

 

カラダは食事から体内に吸収された栄養素が分解され消化・代謝などに使われる際に熱を発生させます。

 

つまり、食事回数を増やすだけで代謝アップが期待されます。

 

たんぱく質を摂取していない

 

このメルマガで何度もお伝えしてるように、たんぱく質はダイエット成功のカギを握る超大事な栄養素です。

 

あなたもご存知のように、たんぱく質は筋肉を作ります。

 

そして、筋肉はカラダの基礎代謝にも関係してくるので、たんぱく質が足りていないと、太りやすく痩せにくいカラダになってしまいます。

 

なので、たんぱく質は絶対に抑えておきたいところです。

 

摂取目安としては、1日に必要なたんぱく質は摂取エネルギーの13~20%が理想とされており、男性は1日約60g~女性は1日約50g~になっています。

 

この数字は最低限摂っていきたいのですが、毎日お肉や魚を食べるのは厳しいもの…

 

そこで!オススメなのがプロテインです。

 

プロテインは溶かして飲むだけなので、簡単にたんぱく質を摂取することができます。

 

ズボラな僕は150mlの水が入ったペットボトルに「ろうと」で粉を流し込んで、シェイクして飲んでます。(これだと洗う手間が省ける)

 

また、本気でダイエットを行っていきたい場合は、いつもより多めのたんぱく質を摂取するのがオススメです。

 

目安としては

 

たんぱく質摂取量(g/日)=体重×1.6g~2g

 

といった具合です。

 

例えば、体重50kgの人なら80g~100gのたんぱく質を摂取していきます。

 

こちらの量を摂取して体脂肪が減ったというデータがあるので、効率的に痩せたい場合はこちらを守ると良いと思います。※1

 

毎日お肉を食べたり、間食でタマゴを食べたり、プロテインを飲んだりして積極的に摂取していきましょう。

 

野菜を食べていない

 

前述したたんぱく質に加えて、野菜などたくさんの食品から栄養素をバランスよく取り込むことが大事です。

 

厚生労働省は生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための目標値の一つに「野菜類を1日350g以上食べましょう」と掲げています。

 

野菜は、ビタミンやミネラル・食物繊維を含んでおり、これらの栄養素が足りなくなってしまうと、カラダを正常に動かすことはできません。

 

なので、栄養素をバランス良く摂取していきましょう。

 

というわけで、今日のメルマガでは「ダイエットしてるのに太ってしまう人の特徴」をご紹介させていただきました。

 

無理なダイエットは反動が来るものです。

 

たんぱく質をしっかり摂取することを筆頭に、栄養バランスを意識し、三食しっかり食べてダイエットに取り組んでいただければと思います。

 

今日の記事があなたのダイエットのお役に立てたら幸いです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【80,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

【引用文献・参考文献】

Dietary protein and exercise have additive effects on body composition during weight loss in adult women

Donald K Layman 1, Ellen Evans, Jamie I Baum, Jennifer Seyler, Donna J Erickson, Richard A Boileau

Affiliations expand

PMID: 16046715 DOI: 10.1093/jn/135.8.1903

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16046715/

 

厚生労働省 e-ヘルスネット  野菜、食べていますか?

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-015.html

 

厚生労働省 e-ヘルスネット 身体活動とエネルギー代謝

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-003.html

 

グリコパワープロダクション エネルギー消費の大半を占めるのは基礎代謝。効果的に上げるには?

https://cp.glico.jp/powerpro/training/entry28/

The following two tabs change content below.
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約80,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。