超簡単に食欲をセーブする方法


  • LINEで送る

From:渡邊麟太郎

 

こんにちは

渡邊です。

 

あなたはダイエット中、無性に高カロリーのものを食べたくなる瞬間ってありませんか?

 

僕は昔ダイエット中に、ダメだとわかっていても、食欲が抑えられず、ポテトチップス、ハンバーガーを大量に買って食べていたことがありました。

 

そして次の日、体重計に乗って後悔していました…

 

このメルマガを読んでくださっているあなたには同じような失敗をして欲しくありません。

 

なので、今日のメルマガでは

「超簡単に食欲をセーブする方法」

ご紹介します。

 

それは、どんな方法かというと…

 

60秒間、満腹の自分をイメージするというものです。

 

「え!それだけ?」と思うかもしれませんが、ちゃんとした研究に基づく方法です。

 

オランダの大学が、「脳内のイメージが行動にどのように影響するか」調べた研究があります。(注1)

 

研究では、大学の学生119名を以下の2つのグループに分けて、実験を行いました。

 

A:60秒間「空腹な自分をイメージ」したグループ

B:60秒間「満腹な自分をイメージ」したグループ

 

その後、被験者たちにさまざまなサイズのポテトチップス、ポップコーン、チョコアイス、を見せて「好きなものを選んでください」と指示したところ、

 

Aグループは、大きいサイズのものを選ぶ確率が高かった。

Bグループは、小さいサイズのものを選ぶ確率が高かった。

 

という結果になりました。

 

つまり、人間は脳内のイメージによって行動が大きく左右され、満腹の自分をイメージすると食欲が抑えられる可能性があるということです。

 

また、この研究チームは、他にも実験を行なっています。(注1、注2)

 

被験者119名を以下の2つのグループに分け、以下のようにイメージしてもらいました。

 

A:30秒だけ「寒い環境」にいる自分をイメージする(雪景色、氷河など)

B:30秒だけ「暑い環境」にいる自分をイメージ(砂漠、溶岩地帯など)

 

その後、被験者を調べたところ、「寒い環境」をイメージした人は熱いお風呂に入りたくなり、「暑い環境」では冷たいシャワーを浴びたい気持ちが高まっていたそうです。

 

面白いですよね。

 

研究では、人間は脳内のイメージに行動が大きく左右されるものということを示唆しています。

 

なので、食べ過ぎてしまいそうな時は箸(はし)を手に取る前に、「満腹な自分」をイメージしてみてください。

 

実際に試してみるとわかりますが、食欲をある程度抑えることができますよ。

 

今日の記事があなたのダイエットのお役に立てれば幸いです。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-渡邊 麟太郎

 

【引用文献・参考文献】

 

Mental Simulation of Visceral States Affects Preferences and Behavior

Janina Steinmetz, Brittany M. Tausen, Jane L. Risen

https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0146167217741315(注1)

 

Satiation from sensory simulation: Evaluating foods decreases enjoyment of similar foods

Author links open overlay panelJeffrey S.LarsonaJoseph P.ReddenbRyan S.Eldera

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S105774081300079X(注2)

「ほとんどのダイエット法は自分にはムリ・・・」とあきらめかけているあなたへ

6万人以上の方にご入会いただき※1、たくさんの成功者を出している

24/7Workout監修のダイエットDVDがついにリリース!

※ 2019年2月末時点でのセッションを1回以上受けた方の累計入会者数。途中解約・全額返金者も含む

なんと送料500円(税込)でお試しいただけます。

おうち時間もダイエットを頑張っているあなたにオススメします。

詳しくはこちら

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。