メリハリボディは背中から!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:渡邊 麟太郎

 

こんにちは

渡邊です。

 

もう8月も終盤に差し掛かりましたね。

 

あなたのボディメイクの調子はいかがでしょうか?

 

最近、自分がハマっているトレーニングは「背中の筋トレ」です。

 

背中ってお腹周りとかに比べると結構、見落とされがちな筋トレの部位だと思うんですよ。

 

実際に自分は胸、腹筋、下半身のトレーニングをはやってきましたが背中はあんまり意識して取り組んでこなかったように感じます。

 

しかし最近、背筋を鍛えることによって「さまざまなメリットがある」ことに気づいたんですよね。

 

今回は「背筋を鍛える3つのメリットと、家でもできる効果的な背中のトレーニング」をご紹介しますね。

 

メリハリのあるカラダになる

 

メリハリのあるカラダとは、男性ならば逆三角形、女性ならばきゅっとくびれがあることです。

 

上記のようなカラダを目指すためには、ウエストラインが重要になってきます。

 

あなたもウエストを引き締めるために、お腹の横の筋肉(腹斜筋)を鍛える腹筋運動を取り入れている場合があるかもしれませんね。

 

しかし、腹筋運動だけでは作ることが、きゅっと角度のあるウエストを作ることは難しい場合があるのです。

 

そこで、鍛えるべきなのは背中の「広背筋」という筋肉です。

 

なぜなら、広背筋は筋肉自体が逆三角形の形をしているので、この筋肉を鍛えることにより、ウエスト部分が引き締まります。

 

また、広背筋は全身の筋肉の中でも大きい部位になり、鍛えることで代謝も上げることができます。

 

なので、「腹筋してるのに、なかなかくびれができない、、、」

 

なんて場合にはぜひ広背筋のトレーニングをオススメします。

 

姿勢がキレイになる

 

ファッションのランウェイを歩くモデルさんは背中がスッとしていますが、あんな風にキレイな姿勢になれたら良いですよね。

 

背筋は上体を支える筋肉なので、キレイな姿勢を安定させるためには重要な筋肉です。

 

背筋を鍛えることによってキレイな姿勢になりましょう。

お家でできる背中のトレーニングメニュー

 

【トレーニング前の注意点】

 

1.トレーニングをする前はストレッチを行って筋肉をほぐしておきましょう。

 

2.体調が良くない状態で無理にトレーニングを行わないようにしましょう。

 

3.体に痛みを感じたら中止するか、フォームの見直しをしましょう。

 

 

リバーススノウエンジェル

 

今回ご紹介する種目では、背中にある広背筋と僧帽筋を鍛えることができます。

 

【動画】

 

 

【やり方】

 

スタートの姿勢:うつぶせの体勢になり、上体を少しあげた状態を保ちます。 両手を伸ばしたまま、腰の横におきます。

 

1.両手で大きな円を描くようにゆっくりと手を頭の上へ移動させます。

 

2.頭の上に移動させたら、3秒間キープして、ゆっくりともとの位置に腕を戻します。

 

3.1セット10回を3セット繰り返しましょう。

 

【コツ】

 

目線を下に落としておくのがポイントです。

 

また、トレーニング中は背中が丸まらないように注意してください。

 

背中が丸まってしまうと正しく筋肉に効かせることができません。

 

今日紹介したトレーニングはいかがでしたか?

 

肩や首、背中のあたりがじんわりと温まって心地よい疲労感を感じることができていれば大丈夫です。

 

バッチリ筋肉に効いている証拠ですので、繰り返し実践してメリハリボディを目指しましょう!

 

今回は「メリハリボディは背中から!」というテーマで、ご紹介しました。

 

背中のトレーニングの重要性に気づいてからは積極的に取り入れるようになって、効果も実感できています。

 

あなたもメリハリボディを目指してぜひ取り入れてみてくださいね。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました、

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【30,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。