ダイエット中に効果的なほうれん草の5つの栄養


  • LINEで送る

 

From:渡邊 麟太郎

 

こんにちは渡邊です。

 

今回は「ダイエット中に効果的なほうれん草の5つの栄養」についてご紹介します。

 

緑黄色野菜の代表格とも言えるほうれん草。

 

濃い緑色で料理の彩りにも使えるので、お弁当や献立の一品にも重宝される野菜ですよね。

 

いつも食べてるよ!なんて場合も今日の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

ほうれん草は低糖質でダイエット中にオススメの食材

 

ほうれん草は100gで糖質量は約0.4gでダイエット中も安心して食べることができます。

 

ダイエットを成功させ健康的に痩せるためには、トレーニングが必須ですがトレーニングをサポートする栄養素が沢山含まれています。

 

マグネシウム 69mg

 

筋肉の動きには、カルシウムとマグネシウムという2つのミネラルが関わっています。

 

トレーニングを行っていく際はこの2つのミネラルのバランスが取れていると筋肉がスムーズに働くと言われています。

 

しかし、マグネシウムは汗で失われがちで、細胞内のカルシウムの濃度が高くなりすぎると筋肉がけいれんして縮んでしまう場合があり、筋肉の動きを妨げてしまいます。

 

ちなみにサッカーのなでしこジャパンの選手たちも練習中にマグネシウムを摂取していました。

 

ビタミンC 10mg

 

ビタミンCは免疫力を高める効果があります。

 

トレーニングを継続するためにも、体調管理は重要です。

 

また、ビタミンCにはメラニン(シミ・そばかすの原因)の沈着を防ぎ、美容にも効果が見込めます。

 

鉄分 2.0mg

 

鉄分はほうれん草の代表的な栄養素で、ヘモグロビンを作ります。

 

ヘモグロビンは血液の働きを司り、血液中の赤血球にあります。

 

肺の中で酸素を取り入れて、各組織に運搬してエネルギー源として活用していく役割があるのですね。

 

ボディメイクでトレーニングを行っていく際は多くの酸素を必要としますし、日頃から貧血気味の場合はほうれん草を食べて鉄分を摂っていくと、良いかもしれません。

 

β-カロテン 4.2mg

 

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されます。

 

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を維持するので、こちらもビタミンCと同様に免疫力を高める効果があります。

 

カリウム 690mg

 

カリウムは自然食材に含まれるミネラルの一種で、体内で神経の興奮性や筋肉の収縮に関わっています。

 

カリウムを取る事で筋肉が正常に収縮して、正常に保たれる効果があると言われています。

 

というわけで、今日はほうれん草についてご紹介してみました。

 

ほうれん草にはご紹介させて頂いたとおり、とても優秀な栄養素がたくさんあります。

 

さらに、これからが旬の野菜でおいしい時期ですよ。

 

毎日の食生活の中にほうれん草を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

-渡邊 麟太郎

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【60,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから

【引用文献・参考文献】

食品成分データベース

https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。