1回2分できれいな腹筋を作る方法


  • LINEで送る

From:吉田 将司 

 

こんにちは、吉田です。

 

6月も後半に差し掛かり、夏本番が迫ってきましたね。

 

ボディメイクの調子はいかがでしょうか?

 

私は順調なのですが、腹筋の仕上がりに少し悩んでいます。

 

というのも、腹筋下部の締まりがイマイチでまだ脂肪が落とし切れていない部分があります。

 

そこで、腹筋下部を鍛えるトレーニングを探していたところ、

 

かなり良いものがあったので、今回はあなたにシェアしたいと思います。

 

特別な器具は使わずに自宅でできる内容になっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

オルタネイティブレッグ

 

【参考動画】

 

※1分17秒から

 

【やり方】

 

1.仰向けで寝て足を少し浮かせます。

 

2.あごを引いておへそを見るようにして、頭が床に着かないようにキープしましょう。

 

3.その姿勢から左右の足を交互に上下させる運動を20秒間続けます。

 

【コツ】

 

・膝を伸ばすと腹筋への負荷が強くなります。

 

・足を下ろした時に腰が反らないように注意しましょう。

 

※腰が痛い場合は、お尻と足の間に手を挟むと腰の反りを和らげることができます。

 

レッグサークル

 

【参考動画】

 

※3分01秒から

 

【やり方】

 

1.仰向けの姿勢から肘と上腕で上体を起こします。

 

2.足を持ち上げて床から75度、足裏が天井に少し向くぐらいまで上げます。

 

3.その状態から円を描くように、大きく足を回していきます。

 

4.1周時計回りしたら次は反時計回り、と交互に60秒間行います。

 

【コツ】

 

・膝を伸ばして大きく回すほど腹筋への負荷が強くなります。

 

・この動作がきつい方は膝を曲げて行いましょう。

 

足上げキープ

 

【参考動画】

 

※6分00秒から

 

【やり方】

 

1.仰向けで寝て足を少し浮かせます。

 

2.あごを引いておへそを見るようにして、頭が床に着かないようにしましょう。

 

3.この姿勢を40秒間キープします。

 

【コツ】

 

・腹筋の力で足を持ち上げるイメージでキープしましょう。

 

・きつくなってきた時に腰が反らないように注意しましょう。

 

※腰が痛い場合は、お尻と足の間に手を挟むと腰の反りを和らげることができます。

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は、腹筋の下腹部に効くトレーニングを3つご紹介しました。

 

まだお腹周りが絞り切れていないという人は、ぜひ今日紹介したトレーニングを参考にしてみてくださいね!

 

(私も頑張って継続します!)

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

吉田 将司

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【80,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の身体を目指せます。
  • ”どれくらい痩せられるか”まずは無料カウンセリングで聞いてみませんか?

無料カウンセリングはこちらから