簡単に続けられる“太りにくい”食べ方


  • LINEで送る

こんにちは

 

堀です。

 

先日、興味深いアンケートを見つけました。

 

そのアンケートは、ウーマンウェルネス研究会supported by Kaoというところが実施した「年末年始の過ごし方と体調に関する意識調査」というものです。

 

首都圏在住の20代~50代の男女895人を対象に行ったアンケートによれば、実に69.3%が「年末年始明けに身体の不調を感じる」と回答したそうです。

 

もしかしたらあなたも、身体がだるい、重いといった感覚を感じているかもしれませんね。

 

そんな状態のときに、ハードなトレーニングや、厳格な糖質コントロールはストレスになりかねません。

 

もちろん、24/7Workoutでは筋力トレーニングと糖質コントロールによるダイエット法を推奨しています。

 

とはいえ、ダイエットで大事なのは筋力トレーニングも糖質コントロールも継続することなので、いきなりストイックに取り組み、途中で挫折しては元も子もありません。

 

そこで今日は、

 

・今日からすぐ始められて

・継続もしやすい

・減量効果も証明された

 

食事療法をご紹介します。

 

この食事療法のポイントは、、、

「食べる順番」です。

 

食べる順番によって血糖値の上昇率に違いがあることを、関西電力医学研究所の研究グループによる学術論文が証明しました。

 

この論文によれば、野菜や肉・魚などのタンパク質をご飯より先に食べると、食物繊維の働きによって小腸で糖の吸収が穏やかになり、余分なエネルギーを脂肪として蓄える働きのあるインスリンの分泌が抑えられます。

 

つまり、“太りにくくなる”ということです。

 

実験は、糖尿病の患者12人と健康な10人を被験者として、

 

①米を最初に食べた場合

②魚(サバの水煮)か肉(牛肉の網焼き)を米の15分前に食べた場合

 

の2パターンについて、それぞれ食後4時間までの血糖値の変動を調べました。

 

結果は、糖尿病患者も健康な人も、血糖値の上昇率は「ご飯を先」に食べた場合に比べ、「魚を先」に食べた場合が約3割、「肉を先」に食べた場合が約4割低くなり、血糖値の変動が緩やかになったそうです。

 

さらに、肉・魚どちらの場合も「インクレチン」という消化に関わるホルモンが、食後30分で通常の約2倍分泌していたことも分かりました。

 

この影響を受けて胃の動きが緩やかになり、それによってご飯が消化されて小腸で吸収されるまでの時間が約3倍にも長くなっていたそうです。

 

今回の研究のまとめとして、「最初に野菜、次に肉や魚、最後に米飯という順番にすれば、より効果的に血糖値を抑えられる」と述べられていました。

 

ということで、今日は「食べる順番」という食事療法をご紹介しました。

 

普段の食事のときに、ちょっと意識するだけで実践できるので、ぜひ試してみてください。

 

それでは、また。

 

ありがとうございました。

 

堀 啓将

 

<出典>

ウーマンウェルネス研究会supported by Kao アンケート https://digitalpr.jp/pdf.php?r=19673

 

Hitoshi Kuwata, Masahiro Iwasaki, Shinobu Shimizu, Kohtaro Minami, Haruyo Maeda, Susumu Seino, Koji Nakada, Chihiro Nosaka, Kenta Murotani, Takeshi Kurose, Yutaka Seino & Daisuke Yabe 

“Meal sequence and glucose excursion, gastric emptying and incretin secretion in type 2 diabetes: a randomised, controlled crossover, exploratory trial”

Diabetologia volume 59,pages453–461(2016)

 

短期間で痩せたい場合にはこちらがオススメです

【60,000人以上に選ばれた2ヶ月集中ダイエット】

  • 完全個室のマンツーマンレッスンです。
  • 食事と運動で無理なく、理想の体型を目指せます。

無料カウンセリングはこちらから

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。