糖質制限ダイエット中の外食まとめ|迷ったらココでコレ食べて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖質制限中に外食する時、どんなお店なら大丈夫なのか迷いますよね。時には友人や上司に誘われて、付き合いで外食しなければならない時もあるでしょう。でも、「糖質制限中なので…」とは中々言えず、仕方なく糖質を無視した食事をしてしまう…そのようなこともあるかもしれません。

確かに、居酒屋やファミレスのメニューは糖質が高いものが多いので、外食糖質制限には向いていないのは事実です。しかし、ご安心ください。選ぶお店、選ぶメニューによっては、糖質を出来る限り抑えることが出来ます。これまでの糖質制限を無駄にせず、外食を済ますことは可能です。

たとえ付き合いで外食しなければいけなくなっても焦ることはありません。この記事でお伝えするお店、メニューを選んでいけば、糖質を抑えることが出来ます。また、外食で糖質をたくさん摂ってしまった場合のリカバリー方法についてもお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

0.はじめに:糖質制限中の1日の糖質量をあらためて確認する
1.外食で食べても良いメニュー・食品リスト
2.外食で控えたいメニュー・食品リスト
3.糖質制限しやすい外食店【居酒屋系】
 3-1.魚系
 3-2.焼き鳥系
 3-3.焼き肉系
4.糖質制限しやすい外食店【ファミレス系】
 4-0.糖質高めのメニューに注意する
 4-1.サイゼリヤ
 4-2.ガスト
 4-3.デニーズ
 4-4.ロイヤルホスト
 4-5.ジョナサン
 4-6.ココス
 4-7.大戸屋
 4-8.ケンタッキー
 4-9.コンビニ
5.糖質制限中にカフェに行く場合
6.外食でガッツリ食べてしまった場合のリカバリー方法
7.まとめ

0.はじめに:1日の糖質量をあらためて確認する

まずはじめに、糖質制限中に摂取しても良い糖質量をおさらいしておきましょう。1日に摂取しても良い糖質量は、以下の通りです。

“1日の糖質量の目安 = 体重(kg)×1g”

 例) 体重60kgの方であれば、1日60g以内

1日のトータルの糖質摂取量が「体重(kg)×1g」を越えないように、外食時はメニューに注意する必要があります。ただ、飲食店のメニュー表には糖質量は記載されていないので、正確なグラム数を計ることができません。なので、どんな食品やメニューが糖質量が低いのか?それを知ることが大切です。

それでは、次の章で「糖質量が低い食品例」をリストアップしたので見ていきましょう。基本的に、このリストに書かれている食品・メニューを選んでいけばOKです。具体的なメニューが知りたい場合、3章まで飛ばしてもらって構いません。

 

1.外食で食べても良い食品リスト

以下、糖質量が低い食品例です。これらのリストに入っているメニューを選んでいけば、糖質を低く抑えられます。

糖質をあまり含まない食品たち(食べても良い食品)

yakitori__taberareru

yakitorikei

sasimikei

sakanakei

yasaikei

yasaikei

 

2.外食で控えたい食品リスト

次に、糖質が高めの食品もリストアップします。メニューにこれらが含まれていたら極力食べないようにしましょう。

糖質を多く含む食品たち(避けたい食品)

gohan

tannsuikabutu

udon

menrui

imo

h_yasaikei

kamaboko

h_sonota

 

3.糖質制限しやすい外食店【居酒屋系】

それでは上記を踏まえたところで、糖質制限しやすい外食【居酒屋系】3ジャンルを紹介していきます。どんなお店でも、出来る限り糖質摂取量を抑えるために1章でリストアップした食品・メニューを選んでいきましょう。

3-1.魚系居酒屋

sasimikei

お刺身や焼き魚は糖質が少なく、かつたんぱく質を多く摂取できるのでオススメです。また、魚系の料理を頼む時は次のポイントを抑えましょう。

“魚系料理を頼む時のポイント”

・基本的に、焼き魚や刺身であればOK。
・煮付けは出来れば避ける。糖質量の多い「みりん」が含まれているため。
・味噌煮も出来れば避ける。味噌の量によっては糖質を多く含むため。
・タレ系も避ける。同じく、糖質量が高いものもあるため。
・寿司は避ける。酢飯に高い糖質が含まれるため。

「居酒屋 + 魚」「居酒屋 + 刺身」などで検索して出てくるお店で問題ありません。例えば、魚民、磯丸水産、日本海庄や、北海道、はなの舞、さくら水産など、たくさんあります。

魚系で糖質制限中でも食べられるメニュー例は以下の通りです。

sakana_ta1

sakana_ta2

3-2.焼き鳥系居酒屋

yakitori__taberareru

鶏肉はほぼ糖質を含まず、かつ高タンパクなのでオススメです。焼き鳥系の料理を頼む時のポイントは次の通りです。

“焼き鳥系料理を頼む時のポイント”

・基本的に、焼き鳥であればOK。
・焼き鳥は「塩」で食べる。タレやソースは糖質が高めのため。
・ケチャップは糖質が高めなので避ける。マヨネーズは糖質が低いのでOK。

魚系と同じく、「居酒屋 + 焼き鳥」「居酒屋 + 鳥」などで検索して出てくるお店で問題ありません。鳥貴族、東方見聞録、とり鉄、備長扇屋、鳥どり、八剣伝などがあります。

以下、食べられるメニュー例をリストアップします。メニュー選びの参考にしてみてください。

yakitori_ta

3-3.焼き肉系居酒屋

yakiniku

肉も糖質は含まず、かつ高タンパクなのでオススメです。ただ、メニューによっては「脂質」を多く含みます。以下のポイントを抑えて料理を頼みましょう。

“焼き肉系料理を頼む時のポイント”

・脂身は食べ過ぎないようにする。脂質の摂り過ぎは中性脂肪の増加につながるため。
・焼き肉は塩もしくはレモンで食べる。焼き肉のタレ、コチュジャンは糖質を含むため。
・ご飯を食べたい時は、玄米or雑穀米などを選ぶ。白米に比べ血糖値が上がりにくいため。

「居酒屋 + 焼き肉」「(地域名) + 焼き肉」で検索して出てきたお店で問題ありません。甘太郎、牛角、安安、トラジ、安楽亭、風風亭、焼き肉きんぐ、牛繁、どんどん、すたみな太郎、榮華亭など、焼き肉店は多くあります。

以下、食べられるメニュー例をリストアップします。基本的に牛、豚、ラムであればどの部位も糖質が低いので食べてOKです。ただ、レバーのみ糖質が高めなので注意しましょう。

yakiniku_ta

以上、居酒屋系で外食する際は上記のお店、メニュー選びを参考にしてみてください。

 

4.糖質制限しやすい外食店【ファミレス系】

次に、ファミレス系の外食店を紹介していきます。が、まずその前に、どんなファミレスでも共通して注意しておきたいポイントがあるので、4-0.から見ていきましょう。

4-0.糖質高めのメニューに注意する

つい頼んでしまいたくなる以下のメニューは、糖質を多く含みます。出来れば食べないようにしましょう。

cornsoup

famiresu

上記を踏まえたところで、各ファミレスで食べられるメニューをお伝えします。

4-1.サイゼリヤ

saizeriya

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・小エビのサラダ
・わかめさらだ
・グリーンサラダ
・あったかポークと半熟卵のサラダ
・シーフードサラダ ※ドレッシングはオリーブドレッシングで
・辛味チキン
・エスカルゴのオーブン焼き
・ムール貝のガーリック焼き
・真イカのパプリカソース ※出来ればソースはよけて
・柔らか青豆の温サラダ
・セロリのピクルス
・キャベツとアンチョビのソテー
・ほうれん草のソテー
・プロシュート
・フレッシュチーズとトマトのサラダ
・熟成ミラノサラミ
・若鶏のグリル
・柔らかチキンのチーズ焼き
・パンチェッタと若鶏のグリル
・リブステーキ

4-2.ガスト

gasto

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・若鶏のグリル
・チキン竜田揚げ
・アボカドシュリンプサラダ
・真イカの唐揚げ
・若鶏の唐揚げ
・温泉卵のシーザーサラダ
・エビのミニシーザーサラダ
・寄せ豆腐の和風ミニサラダ ※和風ドレッシングは出来ればよけて
・トマトのミニサラダ ※和風ドレッシングは出来ればよけて
・柔らかビーフと野菜のミニグリル
・やりいかとほうれん草のグリル
・ほうれん草ベーコン
・冷奴

4-3.デニーズ

dennys

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・大麦牛のサーロインステーキ
・大盛り牛ロースカットステーキ
・4種チーズのシーザーサラダ
・生ハムサラダ
・ベーコンとほうれん草
・鶏の唐揚げ
・豆腐サラダ
・茄子とキャベツのみぞれおろし

4-4.ロイヤルホスト

toyalhost

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・レンズ豆とチキンのグリル
・ロイヤルアンガスサーロインステーキ
・イタリア産生ハムサラダ
・11種類の野菜のサラダ
・ポークロースしょうが焼

4-5.ジョナサン

jonasan

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・魚介たっぷりシーフードサラダ
・スチームチキンとアボカドのサラダ
・ジョナサンサラダ
・クラシックツナサラダ
・ずわい蟹とわかめのサラダ
・ムール貝の白ワイン蒸し
・オクラのオーブン焼き
・水牛モッツァレラのカプレーゼ
・若鶏のから揚げ
・コリッコリ!!なんこつ唐揚げ
・地鶏“阿波尾鶏“ステーキ
・若鶏のグリル

4-6.ココス

kokosu

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・“プレミアム霜降り”リブステーキ
・みすじカットステーキ
・熟成サーロインステーキ
・“皮パリッ ジューシー”チキンステーキ
・シーザーサラダ
・“スペイン産ハモンセラーノ使用”生ハムサラダ
・彩り野菜のサラダ
・帆立ときのこの和風マリネ
・生ハム‘(スペイン産ハモンセラーノ)
・ほうれん草としめじのソテー
・鶏の唐揚げ

4-7.大戸屋

ootoya

大戸屋はごはんを「五穀米」に変更できるのでオススメです。五穀米はGI値が低く、脂肪になりにくい食品です。白ごはんではなく、五穀米を選びましょう。

コラム:GI値とは?

食後の血糖値が上昇するスピードを計ったもの。血糖値を出来る限り一定に保ち、上昇させないことが「脂肪増加の防止」につながります。血糖値が急上昇しやすい食品を「高GI食品」、上昇しにくい食品を「低GI食品」と呼びます。低GI食品はGI値が55以下、高GI食品はGI値が70以上とされています。

ちなみに、白米はGI値90の高GI食品、五穀米はGI値55の低GI食品です。糖質制限中は出来る限り低GI食品を選ぶようにしましょう。

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・和牛のビフテキ定食 ※期間限定メニュー
・しまほっけの炭火焼き定食
・さばの炭火焼き定食
・連子鯛の塩焼き定食
・鶏の唐揚げ
・手造り豆腐
・おから
・ほうれん草のごま和え
・ほうれん草のおひたし
・手作り豆腐とじゃこのサラダ
・ミニ手造り豆腐サラダ
・ミニグリーンサラダ
・味噌汁

4-8.ケンタッキー

kenta

糖質制限中でも食べられる、糖質量の低い食品は以下の通りです。※各メニューは2015年12月4日時点のものです。

・オリジナルチキン 糖質量約7.9g
・レッドホットチキン 糖質量約8.2g
・骨なしケンタッキー旨塩 糖質量約6.5g
・カーネルクリスピー 糖質量約6.9g
・オニオングラタンスープ 糖質量約8.6g
・コールスロー 糖質量約9.5g

4-9.コンビニ

コンビニには糖質制限に向いている食品があるのでオススメです。コンビニ食品については『コンビニ食品22品|糖質制限ダイエット中でも食べられるもの【保存版】』で紹介しています。コンビニ食品で食事を済ませたいと思ったのなら、上記リンク先の記事を参考にしてみてください。

 

5.糖質制限中にカフェに行く場合

sutaba

スタバ、ドトール、星乃珈琲などといったカフェは糖質を含むメニューが多く、糖質制限中に利用する場合は注意が必要です。必要以上に糖質を摂取してしまわないよう、以下の3つに注意してみてください。

1.コーヒーはブラックで飲む(ラテや牛乳が入っているものは糖質が含まれるため)

2.砂糖やガムシロップは使わない

3.フードは基本食べない(サンドイッチ、ドーナツ、スイーツなど、カフェのフードは糖質が含まれるものが多い)

カフェを利用する際はブラックコーヒーを飲む程度にとどめ、お腹がすいたらファミレスや居酒屋等の外食店を利用しましょう。

 

6.外食でガッツリ食べてしまった場合のリカバリー方法

糖質制限中なのについ外食でガッツリ食べてしまった…そんな場合でもご安心ください。次の2つを実践すればリカバリーは可能です。

1.出来る限りその日のうちに筋トレする

リカバリー方法の1つが、出来る限りその日のうちに筋トレすることです。食べた量によりますが、腕立て、腹筋、スクワット、それぞれ10回3セットをベースに行いましょう。

なぜ筋トレを行うのか?その理由は、筋トレすることにより、糖質が脂肪に変わってしまうのを防ぐ効果が期待できるからです。

糖質は、摂った直後に脂肪に変わるわけではありません。摂った糖質は筋肉内に運ばれます。貯蔵庫をイメージすると分かりやすいと思います。

筋肉内に運ばれた糖質は、私たちの運動エネルギーになります。ただ、糖質を過剰摂取してしまうと、筋肉内のエネルギーがあふれて余ってしまいます。そして余った分がやがて脂肪に変換されます。

しかし、筋トレをしてエネルギーを消費してしまえば、脂肪に変換されるのを防ぐことが出来ます。時間が経てば経つほど余ったエネルギーが脂肪に変わってしまうので、出来ればその日のうちに行うのがベストです。

2.ガッツリ食べたことは気にせず、翌日からまた糖質制限を行っていく

そしてもう一つのリカバリー方法は、「もうダメだ…」と諦めるのではなく、翌日から気にせずまた糖質制限を行っていくことです。

糖質制限を成功させるためには、ちょっとしたミスを気にしないことが大切です。完璧にやろうとすると、ミスした時にストレスが溜まっていきます。ストレスが溜まるとイライラして、そのはけ口として「ドカ食い」につながることもあります。そしてドカ食いからのリバウンド…という最悪な状況になることもあります。

そうならないためにも、気にしないことが一番です。それに、外食して糖質を余計に摂ってしまったからと言って、次の日から太るわけではありません(食べた分の重さが体重に加わりますが、排出されれば元に戻ります)。気にせず糖質制限を続けていきましょう。

上記2つのことを意識すればリカバリー出来ます。もし外食時に食べ過ぎて糖質を摂ってしまった場合、この2つを意識して実践してみてください。

 

7.まとめ

この記事に書かれている内容を参考にすれば、糖質制限中でも外食をすることは十分可能です。もしどうしても外食しなければならないという場合は、この記事をぜひ参考にしてみてくだい。

無料プレゼント!1万人以上が実践したダイエットマニュアル

14日間でマイナス3キロ目指す実践マニュアル


あなたは次のような悩みを抱えていませんか?


・ダイエットしたいけど時間がない

・思うように痩せられない

・3日坊主で続けられない

・痩せてはリバウンドを繰り返してしまう

・食事制限がつらい、食べられないことがストレス


今の世の中、情報が大量に出回っているので、「どんな方法をやったら良いのか?」も分からなくなっているかもしれません(事実、メディアやWEBでも間違った情報が多々見られます)。


なので、ダイエットを成功させることは難しいというイメージを持っているかもしれませんが、体が痩せる仕組みはシンプルです。次の2つを実践すれば、ダイエットを成功させることが出来ます。


・正しい食事

・適切な運動


ダイエットとは一時的に行うものではなくて、正しい食事と適度な運動を“習慣化する”ことです。


そこで、この実践マニュアルをお役立て下さい。このマニュアルは、正しい食事と適度な運動によってダイエットを行っていく方法をまとめたものです。


自宅でも、無料で、簡単にチャレンジできるような内容になっています。食事に関しては「正しい糖質制限」をベースに、私たちがオススメしている方法をお伝えします。運動に関しては、自宅でも10分以内で出来るものを伝えています。


正しい食事と運動を行った方たちは、以下のような結果を手に入れています。




header_img_01

※結果には個人差があります。


世間一般では糖質制限が流行っていますが、正しく伝えている情報は少ないですし、正しく理解している人も多くはありません。たとえば、糖質を極端に制限しすぎてしまって、代謝が落ち、痩せにくいカラダになってしまい、その結果リバウンドしてしまう、、、という人もいます。


たしかに糖質量もダイエットに大きく影響してきますが、糖質=悪ではありません。完全カットするのではなく、コントロールしていくことが大切です。


ではどうすればいいのか?その全てをマニュアルでお伝えしています。それを14日間実践すれば、理想の体型を目指せます。健康を害する方法ではないのでご安心ください。


「ダイエットを成功させたい」

「自分に自信を持ちたい」

「健康を維持していきたい」

「服を綺麗に着こなしたい」

「年を取っても若々しくいたい」


それならこのマニュアルを無料で試してみてください。


※マニュアルはいつ公開中止になるか分からないので、今のうちにゲットしてチャレンジしてみてください。


無料ダウンロードはこちらをクリック

たった2ヶ月間!ダイエット成功者が続出中!

あなたは次のような悩みを抱えていませんか?

・ダイエットしたいけど、自分1人だと続かない
・短期間でなんとしても痩せたい
・どんなダイエットが自分に合っているか分からない

ダイエットはどうしても孤独になりがちで、1人で続けるのは難しいですよね。現に、ダイエットに1人で挑戦する人の約8割以上が結局リバウンドしてしまう、という話も聞きます。

一方、たったの2ヶ月間でダイエットに成功する人たちもいます。その人たちは、絶対にあきらめない精神力を持っていたとか、裏技で痩せたとか、そのような特別な人たちではありません。

では、痩せる人と痩せない人の違いとは何なのか?それは、プロに見てもらう環境でダイエットをした、ということです。

家庭教師が隣にいるとサボらず勉強が出来るのと同じで、ダイエットにおいてもプロに見てもらうことで、1人でやるよりも高い確率で結果を出すことが出来ます。

実際、私たちが運営しているパーソナルジム「24/7Workout」では、たった2ヶ月という短期間で、以下のような成功者が続出しています。

 

ba_img_03ba_img_01

20代から60代以上まで、ダイエットに年齢も性別も関係ありません。ポッコリお腹を解消したい、着られなくなった服を着られるようになりたいなど、あなたの理想をお聞かせ下さい。

カウンセリングは無料です。無理な勧誘は一切いたしません。

相談だけでも結構です、お気軽に無料カウンセリングにお越しください。


無料カウンセリングはこちらをクリック

14日で-3キロを目指す実践マニュアル