ダイエット中はを食べて痩せよう!オススメなの種類とその食べ方

公開日: 更新日:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
魚

は肉などに比べると低カロリーで高タンパク質ですので、ダイエットには積極的に取り入れていきたい食べ物です。

 

でも、「ダイエットに良い」とは分かっていてもどのようなを食べたらいいか迷うかもしれませんね。

 

実際にスーパーには白身や赤身など色々な種類が売られていますし、ダイエットに重要なカロリー量もの種類で大きく変わってきます。

 

ですので、を食べるならどれでも良いというわけではなく、ダイエットに合ったを選ぶことが重要になります。

 

そこで、この記事ではダイエットにオススメのをご紹介していきます。

 

さらによりダイエットによい食べ方も紹介していますので、よりダイエットを効率的にできます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

ダイエットに効果的な理由

 

ダイエット中は低糖質、低脂質、高タンパクの3つの食事が大切になるのですが、はこの3つを満たした優秀な食材です。

 

タンパク質というと肉をイメージするかもしれませんが、は肉より低脂質でビタミン、ミネラルが含まれています。

 

さらにに含まれている脂質は良質でダイエットの妨げにはなりにくいです。

 

だからダイエットにオススメになります。

タンパク質が豊富だから

 

タンパク質は筋肉のもとになる重要な栄養素です。

を食べてタンパク質を摂取すれば筋肉量を維持でき、基礎代謝量も保つことができます。

基礎代謝とは、1日に自然に消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝が高ければ痩せやすく太りにくい身体を作ることができます。

基礎代謝は年齢とともに自然と下がっていきますので、タンパク質を摂取して基礎代謝を下がらないようにすることが大切です。

 

そして、のタンパク質は、肉類と比べると基質タンパク質と呼ばれるすじの部分が少なく、消化しやすいメリットがあるのです。

ダイエット中はを積極的に食べて、良質なタンパク質を取り入れましょう。

 

良質な脂質が摂取できるから

 

の脂身部分に含まれている脂質は「多価飽和脂肪酸(DHA・EPA)」と呼ばれる良質な脂質です。

脂質と言うと太るイメージがあるかもしれませんが、に含まれる脂質は太りにくいと言われています。

 

京都大学の研究グループによれば、DHA・EPAを摂取すると、脂肪燃焼細胞と呼ばれる褐色脂肪細胞の増加を促して、体脂肪が減少すると報告しています。

 

また、他にも多価飽和脂肪酸(DHA・EPA)には、血液をサラサラにしたり脳の機能を向上させたりする効果が期待できます。

 

なので、をたくさん食べて良質な脂質を摂取していきましょう。

 

栄養バランスが豊富だから

 

ダイエットにおすすめな理由は、脂質とタンパク質の他にも栄養バランスがとれた食材だからです。

 

ダイエット中に低カロリー、低糖質の食事を続けていると、必要な栄養素が不足しがちになりますが、を摂取すれば様々な栄養素を摂取することができます。

 

に含まれる主な栄養素

 

  • タンパク質
  • DHA・EPA
  • ビタミンE、D、A
  • カルシウム
  • パントテン酸
  • グルタチオン
  • タウリンなど

 

に含まれるタンパク質には、体内に溜まった余分な塩分を排泄したり、コレステロール値を抑えてくれたりします。

 

そして、ダイエット中に不足しがちなカルシウムはダイエット中のストレスに良い効果があり、また病原菌に対する抵抗力を高めることができます。

 

カルシウムを多く含むいりこやシシャモなどの小をまるごと食べて、積極的にカルシウムを摂取しましょう。

 

タウリンは目の疲れや血管の流れを良くする効果が期待できます。

 

を食べることによってダイエットで不健康になってしまうことを防いでくれるので、を積極的に食べていきましょう。

 

を食べるならどんなを食べればいいの?って思うかもしれません。次の章では、ダイエットに効果的なをお伝えしていきます。

 

ダイエット中にオススメな低カロリーな

ここからは、ダイエット中におすすめのとカロリーをみていきましょう。

ダイエット向きのカロリーのを紹介していきます。

ダイエット向きのカロリーが低い

 

品名 カロリー
たら(白身 83kcal
ほっけ(白身 115kcal
まぐろ(赤身 125kcal
あゆ(白身 100kcal
ヒラメ(白身 124kcal
サケ(白身 133kcal
ししゃも(白身 166kcal

※上記は文部科学省の『第2章 五訂増補日本食品標準成分表 』から引用しています。

(100gあたりのカロリーになります。) 

ダイエット向きではないカロリーが高い

品名 カロリー
まぐろトロ(赤身 344kcal
さんま(青背 318kcal
うなぎ(白身 255kcal
さば(青背 247kcal

※上記は文部科学省の『第2章 五訂増補日本食品標準成分表 』から引用しています。

どうしても食べたい場合は、食べる量を少なめにして食べるようにしましょう。

ここまで、のカロリーに注目して紹介してきましたが、の種類(赤身、白身、青背)によって栄養素が違ってきます。次の章ではダイエットに効果的な栄養素をの種類別に紹介していきます。

 

ダイエットに効果的なの種類

 

には大きく分けて、白身、赤身、青背の3つに分けることができます。3つの種類によって含まれる栄養素やカロリー、調理法が変わってきます。

 

白身の特徴

 

カロリーを見ると、白身が低カロリーな上に脂肪分が少ないのでダイエットにオススメです。

 

【代表的な白身の種類】

タラ、ヒラメ、カレイ、スズキ、鯛、フグ、サケ

 

タラやカレイなどはスーパーで比較的に安く購入できるのでおすすめです。

 

白身は焼きにするとふっくらとした仕上がりになり、淡泊な味わいでおいしく食べられます。

 

味付けは大根おろしや少量の醤油を加えれば、ダイエットに最適な一品になりますよ。

 

補足:サケは白身

サケは見た目は赤身ですが、白身に分類されます。

サケにはアスタキサンチンという成分が含まれており、抗酸化作用が高く、脂肪代謝のア

ップ、生活習慣病の予防に役立ちます。

ダイエット中に鮭からアスタキサンチンを摂ると、運動効率がアップして体力が回復しやすいのでオススメです。

 

 

 

赤身の特徴

 

赤身の特徴は白身よりもDHA・EPA

が豊富に含まれており、血中の中性脂肪やコレステロール作用があります。

 

【代表的な赤身の種類】

マグロ、さんま、サバ、イワシ、アジ、カツオ

 

赤身は脂肪分が高いため高カロリーですが

旨みが強く、お肉のような満足感のある献立を作れるのがダイエット中に嬉しいポイントです。

 

青背の特徴

 

青背の特徴はなんと言ってもDHA・EPAを豊富に含んでいるのがメリットです。

 

を食べると血液の流れが良くなり、体内の老廃物を排出してくれる効果があります。

 

【代表的な青背

サバ、サンマ

 

特にDHAを多く含むサンマには、善玉コレステロールを増やす効果、肌荒れを改善する美肌効果が期待できます。

補足:青について

背が青いのことを指します。つまり、背が青く中身が赤いは青背であり、赤身でもあります。たとえば、サンマは青背+赤身、サバは青背+白身になります。

 

 

ダイエットに効果を高めるの調理法と食べ方

 

ダイエット中に食べるならどんな調理法が良いの?って思われるかもしれません。

 

オススメの調理法は以下の3つです。

 

  • 刺し身
  • 焼き

 

刺し身や煮、焼きにして和風の味付けにするのがおすすめです。

 

一方、フライにすると高カロリーになってしまうので控えるようにしましょう。

 

ここからは、ダイエット中に刺し身や煮、焼きを食べるポイントをみていきましょう。

 

刺し身で食べる

 

刺し身は、フライや炒めたもの、煮に比べて調味料を使ったりしないため低カロリーなのでダイエット中はオススメです。

 

に含まれている栄養素を生のまま取り入れることができ、カロリーは120kcalから200kcalと低カロリーです。

スーパーの生鮮食品のコーナーに行くとマグロやサーモン、カツオ、ハマチ、サバなどの様々なお刺身が並んでいます。

すでにカットされているので調理する必要がなく、新鮮なまま食べることができるのが良いですよね。

補足:刺身を食べるときの注意点

醤油は塩分が多く含まれているので、つけ過ぎると高血圧やむくみの原因になります。

刺し身に限らず、ダイエット中は醤油は控えめにしましょう。

刺し身のダイエットレシピの紹介:

かつおのたたきサラダ(調理時間:10分/糖質量:5.1g)

かつおのたたきサラダ【材料】
かつお(たたき)150g
水菜 1束
トマト 1個
★大葉 2枚
★塩 小さじ¼
★酢 小さじ1
★しょうゆ 小さじ1
★オリーブオイル 大さじ1/2

【かつおのたたきサラダの作り方】

①水菜は3cm幅に切る。トマトはくし切りにする。大葉に千切りにする。

②かつおは2cm幅に切る

③★を混ぜ合わせる

④皿に水菜、かつお、トマトをのせ、③をかける

【管理栄養士考案】簡単に作れる糖質制限レシピ|1週間のメニュー

 

で食べる

 

ダイエット中は煮もカロリーを抑えられるのでおすすめの調理法です。

 

代表的な家庭料理の煮と言えば、サバの味噌煮、カレイの煮付け、金目鯛の煮付けなどが挙げられます。

 

どれも1品で200カロリー前後と低カロリーですし、しっかりタンパク質や栄養素を摂取できるのがメリットです。

 

ただし、煮を作る際には砂糖やみりんを入れ過ぎると糖質量を取りすぎてしまうのでダイエットにはNGですので気をつけましょう。

 

ダイエット中に煮を作るときは調理量は控えめにして薄味を意識しましょう。

コラム:缶詰もオススメ

を調理する時間がない方は、サンマやサバの味噌煮の缶詰を利用すると、そのまま煮を食べることができるのでおすすめです。かば焼きや味噌煮は味付けが濃く砂糖や塩分が多いので、水煮を選ぶようにしましょう。

簡単レシピ:白身のレモン蒸し(調理時間:10分/糖質量:5.1g)

【材料】

たら 1切れ
キャベツ 2枚
しめじ 1/2パック
レモン(薄切り)1枚
酒 大さじ1
レモン汁 小さじ1
塩こしょう 少々

 

【白身のレモン蒸しの作り方】

①たらは塩こしょうをふっておく

②キャベツはざく切りにする。しめじは根元を切り落とし、小房に分ける

③耐熱皿にキャベツ、しめじ、たらの順番にのせ、酒、レモン汁をふりかける。

④レモンの輪切りをのせ、ふんわりとラップをして600Wのレンジで5分加熱する

 

 

 

焼きで食べる

焼きはグリルやフライパンを使って焼くだけなので、時間がないときや調理が苦手な方にもおすすめです。

またダイエット中は、グリルで焼くと油やなしで調理できるのでカロリーを抑えることができます。

補足:蒸し焼きもオススメ

普通の焼きに飽きてきたら、野菜やきのこを入れて蒸し焼きにするのも美味しく食べることができておすすめです。野菜の食物繊維によって、満腹中枢が刺激されて満腹感も得られます。

よく噛んで食べる

ダイエット中は料理に限らず、食事の時によく噛んで食べることが大切です。

「お腹がいっぱい!」と感じるのは胃ではなく脳にある満腹中枢が刺激された時に感じます。

そのため、食事はゆっくり時間をかけて、よく噛むことを意識しましょう。

最低でも30回以上は噛むようにすると、満腹中枢へ刺激が伝わり満腹感を感じやすくなります。

食事誘発性体熱産性についての参考サイト:硬さが異なる米飯を咀嚼した時の DIT (食事誘発性体熱産生) の応答

野菜から食べる

 

そして、ダイエット中に食事をする際は、主食のご飯、パン、麺類といった炭水化物ではなく、野菜から食べるようにしましょう。

 

野菜をはじめに食べると、食物繊維のおかげでお腹が膨らんで食べ過ぎを予防したり、血糖値の上昇を抑えて脂肪増加を防ぐ効果が期待できます。

 

まずは野菜を食べて、次に、や肉のタンパク質、そしてご飯などの炭水化物の順で食べると理想的です。

 

また、は野菜と一緒に摂取すると、食物繊維によりダイエット効果と美肌効果をアップできます。

 

に含まれているタンパク質と野菜に含まれているビタミン・ミネラルなどを一緒に摂取すると代謝がアップしやすくなるのです。

食べる順番ダイエットを今日から実践するための方法と注意点について

まとめ

今回は、ダイエットがおすすめの理由と

ダイエット向きの、おすすめの調理法などをご紹介しました。

 

普段はよりも肉を食べることが多いのであれば、この記事を参考に見直してみてはいかがでしょうか。

 

は低カロリーな上に多くの栄養素を摂取できるので、ダイエット中は積極的に食べるのがオススメです。

 

からタンパク質をしっかり摂取して、適度な運動、そして適度な水分摂取を取り入れて

健康的に痩せていきましょう!

The following two tabs change content below.
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)
私たちはパーソナルダイエットジム 「24/7Workout」で約30,000人以上の方のボディメイクをサポートしてきました。その経験をもとに正しい食事やトレーニングの知識や方法をお伝えしていきます。
247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout)

最新記事 by 247ダイエッター編集部(パーソナルジム24/7Workout) (全て見る)

247Dieter公式LINE@でダイエットマニュアル無料プレゼント!

あなたは次のような悩みを抱えていませんか?


「ダイエットしたいけど時間がない」「思うように痩せられない」「3日坊主で続けられない」「痩せてはリバウンドを繰り返してしまう」「食事制限がつらい、食べられないことがストレス」etc...


今の世の中、情報が大量に出回っているので、「どんな方法をやったら良いのか?」も分からなくなっているかもしれません(事実、メディアやWEBでも間違った情報が多々見られます)。


なので、ダイエットを成功させることは難しいというイメージを持っているかもしれませんが、体が痩せる仕組みはシンプルです。次の2つを実践すれば、ダイエットを成功させることが出来ます。


それが「正しい食事」と「適切な運動」です。ダイエットとは一時的に行うものではなくて、正しい食事と適度な運動を“習慣化する”ことです。


そこで、この実践マニュアルをお役立て下さい。このマニュアルは、正しい食事と適度な運動によってダイエットを行っていく方法をまとめたものです。


自宅でも、無料で、簡単にチャレンジできるような内容になっています。食事に関しては「正しい糖質制限」をベースに、私たちがオススメしている方法をお伝えします。運動に関しては、自宅でも10分以内で出来るものを伝えています。


正しい食事と運動を行った方たちは、以下のような結果を手に入れています。

247___BA※結果には個人差があります。


世間一般では糖質制限が流行っていますが、正しく伝えている情報は少ないですし、正しく理解している人も多くはありません。たとえば、糖質を極端に制限しすぎてしまって、代謝が落ち、痩せにくいカラダになってしまい、その結果リバウンドしてしまう、、、という人もいます。


たしかに糖質量もダイエットに大きく影響してきますが、糖質=悪ではありません。完全カットするのではなく、コントロールしていくことが大切です。


ではどうすればいいのか?その全てをマニュアルでお伝えしています。それを14日間実践すれば、理想の体型を目指せます。健康を害する方法ではないのでご安心ください。


「ダイエットを成功させたい」「自分に自信を持ちたい」「健康を維持していきたい」「服を綺麗に着こなしたい」「年を取っても若々しくいたい」


それならこのマニュアルを無料で試してみてください。


※マニュアルはいつ公開中止になるか分からないので、今のうちにゲットしてチャレンジしてみてください。


247Dieter公式LINE@を友達追加して無料マニュアルを手に入れる!

14日で-3キロを目指す実践マニュアル